メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで体力不足も粘投 明石商・中森に指揮官「よくここまで」 交流試合

【桐生第一-明石商】明石商の先発・中森=阪神甲子園球場で2020年8月16日、猪飼健史撮影

 2020年甲子園高校野球交流試合第5日の16日、第1試合では明石商(兵庫)が桐生第一(群馬)との接戦を3-2で制した。明石商の狭間善徳監督は試合後、完投した中森俊介投手について「体力がなかった」としつつも「新型コロナウイルスの関係で(思うように練習を)できなかったが、ここまでよく仕上げてくれた」とねぎらった。狭間監督の主な談話は以下の通り。

明石商の狭間善徳監督=兵庫県明石市の明石商グラウンドで2020年6月10日撮影

「明石商らしい粘り強い試合ができた」

 (1点を争うゲームになったが、選手は)粘り強く戦ってくれたと思う。(中森投手は)体力がなかった。もう少し投げてくれると思うが、新型コロナウイルスの関係で(思うように練習)できなかった分、ここまでよく仕上げてくれたと思う。最後なのでたくさんの人に恩返しするぞということだったので、明石商業らしい粘り強い試合ができたと思う。

 来田はキャプテンとしてチームをよくまとめてくれて、中森はチームを引っ張ってくれた。いいチームだったと思う。集大成の試合、最後の発表の場だったので粘り強く試合ができて良かったと思う。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト