メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尽誠学園、序盤に大量点 先発村上、直球に切れ 智弁和歌山はあと一本出ず 交流試合

【智弁和歌山-尽誠学園】四回裏尽誠学園2死一、二塁、川崎が中前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2020年8月17日、藤井達也撮影

20年甲子園高校野球交流試合 ○尽誠学園8―1智弁和歌山●(17日・甲子園)

 尽誠学園が序盤に大量点を奪い、13安打8得点で快勝した。同点の二回、菊地の走者一掃の二塁打など5安打を集めて5点を勝ち越した。先発・村上は直球に切れがあり7回1失点。

 智弁和歌山は序盤の失点が響いた。一回に川上の適時打で1点を先取したが、9安打を放つもあと一本が出ず、二回以降は追加点を奪えなかった。

尽誠学園・西村太監督

 選手たちが試合に向けて練習してきた成果が出た。智弁和歌山の投手陣の球に必死に食らいついて打っていた。二回の主将・菊地の適時打と、一回の仲村の適時打が大きかった。先発の村上は尻上がりに良くなると思った。回を重ねるごとに力があった。(甲子園では18年ぶりの勝利)選手たちに感謝。よくやったという思い。本当にうれしい。

智弁和歌山・中谷仁監督

 いろいろな大会が中止になる中、こうした機会を与えてもらい、感謝の気持ちでいっぱい。なんとか1点ずつ返して接戦に持ち込もうと思ったが難しかった。(大林の先発は)一生懸命頑張っていた3年生4人でつなごうと思っていた。4番手の小林樹は練習してきたことが良いパフォーマンスとして出せた。下級生には3年生の取り組み方や智弁和歌山の良い伝統をつないでいってほしい。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト