メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲子園交流試合・2020センバツ32校

尽誠学園、猛攻で圧勝 “18年ぶり”喜びの校歌 監督、主将の話 /香川

選手の思い一つ 尽誠学園・西村太監督

 県の独自大会で優勝して、その後の調整と気持ちが、この試合に向かっていた。3年生全員の思いが一つになった結果だ。(13安打の快勝は)選手たちにも思い切って戦おうという気持ちがあった。

    全力出し切った 尽誠学園・菊地柚主将

     18年ぶりに校歌を歌えてよかった。県大会をぶっちぎりで優勝して、智弁和歌山戦は今までやってきたことをすべて出そう(と頑張ってきた)。(序盤に大量得点した)みんなが積極的に振っていった。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト