メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#最後の1年 京大野球部

「0対10」からの大逆転劇へ 京大野球部エースが描くシナリオ

いったん活動が再開されていた7月、グラウンド脇でストレッチする京都大硬式野球部の原健登=京都市左京区で2020年7月11日、同部提供

 黙々とペンを走らせていた。8月9日午後、京都市内の自宅近くの喫茶店。京都大硬式野球部のエース右腕・原健登(けんと、22歳)は勉強の場にしている冷房の利いた店内で、11日後に迫っていた大学院入試の過去問を解いていた。

 だが時折、ふと手が止まる。「どうして自分はここにいるのだろうか」。…

この記事は有料記事です。

残り2135文字(全文2277文字)

石川裕士

1986年、千葉県生まれ。2012年入社。広島支局、和歌山支局を経て、18年4月から大阪本社運動部でアマチュア野球などを担当。小中高では野球や卓球、バドミントンをプレーしていた。健康維持のため、阪神タイガースの近本光司選手がインスタグラムでレシピを紹介していたスムージーを毎朝飲んでいる。好きな言葉は謙虚、優しさ、絆。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 東京で新たに584人の感染確認 過去最多

  4. 繁華街に出没のサルを捕獲 福岡・天神

  5. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです