メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

県大会 出場30チーム、対戦相手決定 無観客で11日開幕 /福井

[PR]

 秋の北信越地区高校野球県大会(県高校野球連盟、県教育委員会主催)の組み合わせ抽選会が4日、福井市内であり、出場30チームの対戦相手が決まった。大会は11日に開幕し、決勝は27日。上位3校は10月10日から富山県で開かれる北信越地区大会に出場する。同大会の成績は、来春の選抜高校野球大会の重要な選考資料となる。

 シード校は敦賀気比、福井工大福井、大野、福井商の4校。練習試合の結果などを基に理事会の投票で決めた。今夏の独自大会で優勝した敦賀気比は1回戦で坂井、準優勝の福井工大福井は福井高専と対戦する。部員が5人以上いれば他校から選手を借りて出場できる日本高野連のルールを適用し、部員6人の勝山に羽水から4人、部員5人の丹南に鯖江から5人が加わる。羽水と鯖江は単独チームとしても出場する。

 コロナ対策として、夏の独自大会で認められた保護者の入場は認めず、無観客試合とする。【大原翔】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです