メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県大会 観客の応援受け開幕 加茂暁星など2回戦へ /新潟

球場にマスク姿の一般観客が今年初めて入り、開幕した秋季大会=新潟市西区のみどりと森の運動公園野球場で、池田真由香撮影

[PR]

 第143回北信越地区高校野球県大会(県高野連など主催)は6日開幕し、新潟市西区のみどりと森の運動公園野球場など4球場で1回戦5試合と2回戦4試合の計9試合があった。加茂暁星、新潟明訓、五泉が順当に2回戦に勝ち進んだ。今大会は2020年で初めて一般客が入り、全国的にも珍しい「有観客」での開催だった。

【加茂暁星ー新潟西】一回表加茂暁星無死二、三塁、斎藤が2点適時打を放ち伊藤(左)が生還(捕手・若杉)=新潟市西区のみどりと森の運動公園野球場で

 加茂暁星は一回3連打などで5得点。四回にも伊藤の適時三塁打などで4加点しリードを広げた。新潟西は七回5連打で2点を返すも力尽きた。

 新潟明訓は二回、栁下の2点本塁打を皮切りに毎回得点で追い上げを振り切った。新発田南は三回に1安打を放ち一矢報いた。

 五泉は四回、打者一巡の猛攻で11点を挙げ突き放した。新潟東は打線が続かなかった。

 各球場の観客は検温、手指消毒、連絡先を記入して入場が許され、県高野連はマスクの着用を呼びかけた。

 柏崎市の佐藤池球場には一般客371人が入場したという。みどりと森の観客で、20年以上の高校野球ファンという同区のアルバイトの男性(77)は熱中症対策に帽子、首のタオル、夏用マスクにアームカバーと完全装備。「チケットも買えて、球児の一生懸命な姿が見られてよかったよ」【池田真由香】

「あと1点」のため

 ○…「どうしたらあと1点が取れるのか」。加茂暁星は2019年秋季大会の覇者・北越に準決勝で0―1、20年の独自大会の覇者・中越に4回戦で3-4と1点差で惜敗した。

 生活態度から改めようと、部員たちは夏の独自大会後、授業態度やあいさつを意識し、「応援されるチーム」を目指した。グラウンドでは常に全力疾走。相手に圧力をかけられるように取り組んだ。

 新主将の椿は「僕が引っ張らなければ」と、この日3安打を放つも打点ゼロ。代わりに俊足で2点を稼いだ。監督は「苦しいときに椿が還ってきてくれた。今日は椿さまさまだ」と大絶賛した。だが椿は「もっとできた」。新主将は1点でも多く取り、新チームを北信越大会に導けるか。


 <新潟・みどりと森>

 ▽1回戦

加茂暁星 5004000=9

新潟西  0000002=2

 (七回コールド)

 (加)浜谷、加藤―斎藤

 (新)関口、渋木―若杉

▽三塁打 椿、林、伊藤(加)

▽二塁打 伊藤(加)小原(新)

新潟北  00000=0

新潟第一 3671×=17

 (五回コールド)

 (北)板垣、新井―川口

 (第)菅原、家合―大野

▽三塁打 田中諒、東城、家合(第)

▽二塁打 酒田(北)田中結、東城(第)

 <新発田・五十公野>

 ▽1回戦

新発田南 00000=0

新潟明訓 13114=10

 (五回コールド)

 (南)渡辺、菅原―高松

 (明)栁下―加藤

▽本塁打 栁下(明)

▽三塁打 高木(明)

▽二塁打 阿部2、反町2、加藤、高橋(明)

新潟東 000 00=0

五泉  00311×=14

 (五回コールド)

 (新)三代川、矢部―高橋

 (五)井関、猪俣―太田

▽三塁打 猪俣、田村(五)

▽二塁打 五十嵐翔(五)

 <長岡・悠久山>

 ▽2回戦

見附三商 0110061=9

常総久  0000000=0

 (七回コールド)

 ※見附三商は見附、三条商、常総久は柏崎常盤、柏崎総合、久比岐の連合チーム

 (見)木下―草訳

 (常)樫出―福島

▽二塁打 木下、味田(見)吉岡、竹内(常)

十海塩松 00000020300001=6

小千谷西 10400000000002=7

 (延長十四回、十三回からタイブレーク)

 ※十海塩松は十日町総合、海洋、塩沢商工、松代の連合チーム

 (十)宮腰育、井ノ川―竹内堅

 (小)覚張―渡辺

▽三塁打 山之内、渡辺(小)

▽二塁打 岩田(十)

 <柏崎・佐藤池>

 ▽1回戦

高商白嶺

  203000210=8

  40012142×=14

糸魚川

 ※高商白嶺は高田商、糸魚川白嶺の連合チーム

 (高)上野―牧野

 (糸)細井蓮、山崎―小川

▽本塁打 伊藤(糸)

▽三塁打 浅沼(高)小川、細井蓮、丸山(糸)

▽二塁打 笹川、梅沢(高)伊藤2、横井、丸山2(糸)

 ▽2回戦

長岡高専

  10020322=10

  01020000=3

高田農

 (八回コールド)

 (長)荒井―近

 (高)内藤、貝川、石戸―望月

▽二塁打 近、武田(長)

新井  211214=11

小千谷 000010=1

 (六回コールド)

 (新)岡本―田浪

 (小)堀井、太刀川―太刀川、堀井

▽二塁打 浅野、宮下(新)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  3. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  4. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです