メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高3合同練習会 スカウトら「来年も」

 プロ野球を目指す高校3年生がスカウトにアピールする「プロ志望高校生合同練習会」は最終日の6日、東京ドームでシート打撃などが行われ、8月の阪神甲子園球場も合わせた4日間の全日程を終了した。スカウトからは「来年以降も継続を」との声が相次いだ。

 プロ野球のスカウトは75人が参加。マスクを着用してバックネット裏に陣取り、座席間隔を空け、互いの顔を見ずに意見交換した。

 練習会は、新型コロナウイルスの影響で多くの公式戦が中止となったことから、日本野球機構(NPB)と日本高校野球連盟が共催。プロ志望届を提出した選手のうち西日本の77人は8月29、30日に甲子園で、東日本の41人は9月5、6日に東京ドームでそれぞれ練習会に参加した。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  2. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです