メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

来春選抜高校野球は3月19日開幕 出場32校 21世紀枠3校、神宮枠1校

阪神甲子園球場

 来春の第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の第1回運営委員会(委員長=八田英二・日本高野連会長)が9日、大阪市西区の中沢佐伯記念野球会館であり、来年3月19日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕し、31日まで13日間(休養日を含む)開催する日程が決まった。

 新型コロナウイルス感染拡大のため中止となった今春の第92回大会と同様、準々決勝翌日と準決勝翌日に休養日を設ける。出場は32校で内訳は、一般選考が28校、特別枠は4校(21世紀枠3、神宮大会枠1)。一般選考の地区別校数は、北海道1▽東北2▽関東・東京6▽東海2▽北信越2▽近畿6▽中国・四国5▽九州4。関東・東京は関東4、東京1、中国・四国は中国2、四国2がそれぞれ決まっており、ともに残り1校は両地区を比較して割り振られる。

 例年は7月に地区別校数を決めていたが、新型コロナの影響で選抜大会の出場校選考の重要資料となる秋季大会の日程が固まっていない地区もあったため発表を見合わせていた。また、大会で観客を入れるかどうかについて、日本高野連の小倉好正事務局長は「今後の状況を見て検討していきたい」と語った。

 出場校を決める選考委員会は来年1月29日、組み合わせ抽選会は3月12日で、いずれも大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われる。21世紀枠特別選考委員15人と一般選考の選考委員60人の委嘱も承認された。【藤田健志】

 新たに委嘱された10人の選考委員は次の皆さん。(敬称略)

 氏家弘二(61)=日本高野連副会長▽西田修(55)=大阪府教委保健体育課長▽正木陽(59)=高知商高元監督▽善波達也(58)=明治大元監督▽新納弘治(58)=大阪・関大北陽高元監督▽大津裕也(61)=大分県高野連元理事長▽関野弘(62)=毎日新聞西部本社元運動課長▽大坪康巳(55)=毎日新聞大阪本社元スポーツ事業部長▽鍵谷英一郎(52)=岐阜県高野連専務理事▽須崎一幸(54)=徳島県高野連理事長

毎日新聞のアカウント

8月17日の試合

話題の記事

関連サイト