メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県大会 決勝は県岐阜商VS大垣商 3位決定戦は中京VS岐阜第一 /岐阜

【県岐阜商-中京】七回表県岐阜商1死一、二塁、中西の右前適時打で湊が生還し2点目=岐阜市の長良川球場で

[PR]

 秋季県高校野球大会(県高野連主催、毎日新聞社など後援)は19日、岐阜市の長良川球場で準決勝2試合があり、県岐阜商が中京を5―4、大垣商が岐阜第一を4―1で降した。県岐阜商と大垣商はそれぞれ2年連続36回目、2年連続12回目の秋季東海地区大会への出場を決めた。両校は20日、同球場で午後1時から決勝に臨む。

 準決勝で敗れた中京と岐阜第一の3位決定戦は、同球場で午前10時からある。10月24日から三重県内で開かれる東海大会には岐阜から3校分の出場枠があり、3位決定戦の勝者も東海大会に進む。【熊谷佐和子】

七回に4点逆転

 <長良川球場>

 ▽準決勝

県岐阜商

  000001400=5

  000120010=4

中京

 (県)野崎、松野―高木

 (中)小田、瀬戸、小田、伊藤、吉永―藤原、古屋

▽二塁打 根津(中)

 県岐阜商は2点を追う七回に中西の右前適時打などで打線がつながり、一挙に4点を返し逆転。投げては六回から登板した松野が1失点に抑え、逃げ切った。中京は八回に1点差まで迫り、九回にも好機をつくったが、あと一本が出なかった。

谷口好投1失点

 ▽準決勝

大垣商

  110000002=4

  000010000=1

岐阜第一

 (大)谷口―下野

 (岐)阪口、中田、阪口―高橋

▽三塁打 西脇(大)

▽二塁打 岡本(岐)

 大垣商は一回に1点を先制し、二回に加点。九回にも西脇の三塁打などで2点を追加した。投げては谷口が9回を投げ1失点に抑えた。岐阜第一は3点を追う九回、1死満塁の好機を作ったが、及ばなかった。

「借りを返したい」

 ○…大垣商は谷口優喜投手(2年)が被安打8ながら要所を締め1失点の完投。三振は狙わず打ち取ることを心がけ、四球も一つに抑えた。打者とは自信のあるカーブや、チェンジアップ、直球で勝負。相手が九回1死満塁となったピンチの場面では「1点は覚悟したが、無失点で切り抜けられて良かった」。

 3回戦の対大垣養老戦では、延長十三回のうち十一回を投げた。「(大会前の)練習試合では四球も多く、調子は良くなかった」が、延長タイブレークでエラーをしたら負ける場面で、野手が守りきってくれ、「(チームメートへの)信頼が深まった」。有賀竜也監督もこの試合で谷口投手が「自分の感覚をつかんだ」と評価。今大会では谷口投手を投手陣の中心に据える。

 決勝は昨年の秋季大会と同じカードになった。昨年は県岐阜商の猛攻を受け、優勝を逃した。「借りを返したい」と意気込む。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  2. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 東陽町駅で視覚障害者の男性が転落し死亡 ホームドアは稼働開始前 東京メトロ

  5. JR東日本vsホンダ熊本 第8日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです