メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県大会 県岐阜商が連覇 3位決定戦、岐阜第一も東海大会へ /岐阜

【大垣商-県岐阜商】県岐阜商二回裏無死一、二塁、藤永の二塁への打球で進塁した二走の梅村が、相手二塁手の一塁への悪送球の間に生還し先制=岐阜市の長良川球場で

[PR]

 秋季県高校野球大会(県高野連主催、毎日新聞社など後援)は20日、岐阜市の長良川球場で決勝と3位決定戦があった。決勝では県岐阜商が大垣商を3―2で降し、2年連続23回目の優勝を決めた。

【中京-岐阜第一】岐阜第一延長十回裏1死満塁、福井の左前適時打でサヨナラ勝ち=岐阜市の長良川球場で

 3位決定戦は、岐阜第一が中京を延長十回で3―2で降し、2年ぶり16回目となる秋季東海地区大会への出場を決めた。東海大会は10月24日から三重県内で開かれ、県内からは県岐阜商、大垣商、岐阜第一の3校が出場する。【熊谷佐和子】

大垣商痛いミス

 <長良川球場>

 ▽決勝

大垣商

  000200000=2

  02001000×=3

県岐阜商

 (大)谷口、速水、梅森―下野

 (県)野崎―高木

▽三塁打 岩本(大)

 県岐阜商は二回、無死一、二塁から、藤永の二塁への打球で進塁した二走の梅村が、相手二塁手の一塁への悪送球の間に生還し先制。五回にも高木の左前適時打で加点した。投げては野崎が9奪三振の完投。大垣商は四回に岩本の三塁打などで2点を挙げ同点に追いついたが、及ばなかった。

4番として決勝打

 ○…県岐阜商の主砲の高木将斗主将(2年)は同点の五回、打席に入ると、鍛治舎巧監督からの「行け」というアイコンタクトで合図を受けた。高めに浮いた変化球を狙い、左前適時打を放ち逆転。打った瞬間「点につながるな」と実感した。優勝を決める決勝打に「4番として当たり前」と冷静だった。

 世代交代後の新チームの主将として挑んだ8月の練習試合で連敗しており、プレッシャーを感じていたという。最近では「自分勝手な野球はだめ」と話し、次の打者につなげることなどをナインに呼び掛けてきた。この大会を通じて「チームが成長できた」と振り返る。

 優勝はしたが、準決勝と決勝はともに接戦で勝ち取った。「県内で圧勝する」とのチームの目標には「届いていない」。東海大会では「相手がどこでも、攻めのプレーをしたい」と力を込めた。

中京一本が出ず

 ▽3位決定戦

中京

  0000020000=2

  0000010011=3

岐阜第一

 (延長十回)

 (中)伊藤、小田―古屋

 (岐)阪口―高橋、板橋

▽本塁打 小田(中)

▽二塁打 岡本、早川(岐)

 岐阜第一は2点を追う六回、阪口の適時打で早川が生還し1点差に迫った。九回1死から小沢の犠飛で三走の福井が生還し同点に追いつくと、延長十回に福井の適時打でサヨナラ勝ちした。中京は六回に小田の本塁打で2点を先制したが、あと一本が出なかった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです