メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県大会 宇都宮短大付/作新学院/足利工/石橋 4校が8強入り /栃木

【宇都宮工-足利工】八回裏足利工1死三塁、佐藤の中犠飛で三塁走者塩島が生還する=宇都宮市清原工業団地の宇都宮清原球場で2020年9月21日、玉井滉大撮影

[PR]

 第73回秋季県高校野球大会(県高校野球連盟主催、毎日新聞宇都宮支局など後援)は21日、宇都宮市の県総合運動公園野球場などで3回戦4試合があった。

 宇都宮短大付は昨年準優勝の文星芸大付を降し4年ぶりのベスト8入り。作新学院は五回コールド勝ちで8年連続の準々決勝進出を決めた。足利工は昨年4強の宇都宮工を終盤に突き放し、石橋は足利大付との投手戦を制した。

 22日も同球場など2球場で3回戦4試合があり、8強が出そろう。【玉井滉大】


 <県営球場>

 ▽3回戦

宇都宮短大付

  002003000=5

  100100010=3

文星芸大付

石橋

  000000110=2

  000000010=1

足利大付

 <清原球場>

 ▽3回戦

作新学院 16151=14

那須清峰 00000=0

 (五回コールド)

宇都宮工

  010101000=3

  20100003×=6

足利工

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱重工広島vs日本新薬 第8日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  2. 改造スクールバスで「移動式ウエディング」 3密回避 名所巡りライブ配信も 北海道

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 横綱の休場続きで重み揺らぐ角界番付 21年は新時代の幕開けか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです