メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

県大会 鳥取城北、雪辱果たす 鳥取西、米子東、境も4強に /鳥取

【米子工-米子東】三回裏米子東2死一、二塁、藪本が先制の中前適時打を放つ=岡山県倉吉市営野球場で、野原寛史撮影

[PR]

 秋季県高校野球大会(県高野連主催、毎日新聞鳥取支局など後援)は22日、どらやきドラマチックパーク米子市民球場(どらドラパーク)と倉吉市営野球場で準々決勝4試合が行われた。今夏の県独自大会の決勝と同カードとなった鳥取城北と倉吉東は、鳥取城北が七回コールドで圧勝。鳥取西は米子松蔭に競り勝った。準決勝は26日にどらドラパークであり、米子東と鳥取西、鳥取城北と境が対戦する。【野原寛史、柴崎達矢】

 ▽準々決勝

 【どらドラパーク】

鳥取城北

  0107002=10

  0000000=0

倉吉東

 (七回コールド)

 (鳥)奥田、山内―岸野

 (倉)勝部、藤本―平

▽本塁打 徳山2(鳥)

▽二塁打 坂根、神田(鳥)

勢い乗り大暴れ

 ○…鳥取城北の5番、徳山太一中堅手(2年)が2打席連続弾を含む3安打4打点と大暴れ。1打席目の先制ソロは低めのカーブに体勢を崩されながら左中間に運んだ技ありの一発。2打席目の2ランは内角球を左翼ポール際に引っ張ったパワーの一発だった。今夏の県独自大会決勝で先輩たちが倉吉東に負けた雪辱を果たし、「相手投手は変化球が多かったので狙っていた。自分のバットでチームを勢いに乗せられた」と胸を張った。

鳥取西

  210000002=5

  000010030=4

米子松蔭

 (鳥)池内、遠藤、池内―西原

 (米)西村、山崎―呉屋

▽三塁打 小野(米)

▽二塁打 清水2(鳥)藤江、呉屋、小野、山崎(米)

 【倉吉市営】

米子工

  000000004=4

  00103110×=6

米子東

 (工)田中、藤友―高塚

 (東)舩木佑、寺井、山崎、舩木佑―舩木洸

▽二塁打 田中(工)藪本、瀬川(東)

変化球狙い攻略

 ○…米子東打線が、今夏の県独自大会で敗れた米子工の田中陸翔投手(2年)を攻略した。切れのある変化球が持ち味の好投手だけに、各選手は狙い球を絞って打席へ。先制打を含む2適時打を放った藪本鉄平選手(1年)は、他の選手が料理されていた変化球をあえて狙い、2打席とも追い込まれてから決め球のフォークを捉えた。攻守の要となる3番・遊撃手を任され「下級生だけどチームを引っ張るつもりでプレーしている。次もチャンスで回ってきたら、自分が打って決めたい」と意気込んだ。

合同 0000000=0

境  0000043=7

 (七回コールド)

 (合)山本―西澤

 (境)林、高塚―加治佐

▽二塁打 近藤(境)

 ※合同=米子・日野・境港総合技・倉吉西

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです