メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

県予選 奈良大付と智弁、コールドで4強 /奈良

【高田-智弁学園】三回裏智弁学園無死満塁、酒井の犠飛で垪和が還り7点目=橿原市の佐藤薬品スタジアムで、林みづき撮影

[PR]

 秋季近畿地区高校野球大会県予選(県高野連主催)は26日、橿原市の佐藤薬品スタジアムで準々決勝2試合があり、奈良大付と智弁学園がいずれもコールド勝ちで準決勝進出を決めた。

 準々決勝の残り2試合(天理―御所実、畝傍―桜井)は27日、同スタジアムで行われる。【林みづき】

関西中央

  0000000=0

  520110×=9

奈良大付

 (七回コールド)

 (関)高橋、花瀬、村上―吉永一

 (奈)二宮―本間賢

▽三塁打 本間賢(奈)

▽二塁打 二宮、佐藤(奈)

 奈良大付は一回、押し出し四球や二宮の適時二塁打などで5点を奪った。二回以降も佐藤の二塁打や四番本間賢の三塁打で4点を加え、好機での長打が光った。関西中央は一回、三塁まで走者を進めるも3安打と及ばなかった。

高田   00000=0

智弁学園 6040×=10

 (五回コールド)

 (高)松田凌、松田慶、松田凌―井上

 (智)小畠―植垣

▽三塁打 酒井、植垣(智)

 智弁学園は初回から打者一巡の猛攻、相手守備の乱れや酒井の三塁打などで6点を挙げた。三回にも2盗塁や植垣の三塁打などで4点を追加、流れを手放さなかった。高田は散発2安打と打線を封じられ、好機を作れなかった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  4. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  5. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです