メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

県大会 石見智翠館、大勝 浜田、延長戦制す きょう決勝、3決 /島根

【矢上-石見智翠館】1回裏石見智翠館1死三塁、宮本赳が中前適時打を放ち先制=出雲市大社町北荒木の県立浜山公園野球場で、小坂春乃撮影

[PR]

 県高校秋季野球大会(県高野連など主催)は26日、出雲市の県立浜山公園野球場で準決勝2試合があり、石見智翠館が矢上を、浜田が立正大淞南を降して決勝に進んだ。決勝は27日午後1時から、3位決定戦は同午前10時から、いずれも同球場である。【小坂春乃】

 ▽準決勝

 【県立浜山公園野球場】

矢上

  0000012=3

  141004×=10

石見智翠館

 (七回コールド)

 (矢)柘植、桃田―西川

 (石)豊岡―上翔

▽二塁打 関山、伊藤、山崎凌(石)

 石見智翠館が序盤から流れをつかみ、コールド勝ち。一回、宮本赳の中前適時打で関山が還り先制。関山は4打数3安打3打点とリードオフマンの役目を果たした。矢上は七回に代打の大田の中前打で2点を返したが、反撃が遅かった。

三度目の正直

 ○…矢上の大田侑季選手(1年)が代打で「三度目の正直」を果たした。9点を追いかける七回表2死満塁、思い切りの良さを買う山本翔監督から直前に起用を告げられ「どきどきする余裕もなかった」。今大会はこれまで2回、代打に立ったものの、満塁の好機などでいずれも三振だった。そこで、来た球を無心で打とうと念じて打席に入り、外角低めの直球を強振。相手の内野手のグラブをはじく中前打で走者2人を還した。チームはコールド負けを喫し、自分の打撃にも満足はしていない。「流れを変えて結果を残したい」と、3位決定戦を見据えた。

浜田

  1000100101=4

  1000002000=3

立正大淞南

 (延長十回)

 (浜)橋本―勝部

 (立)持田、井上―谷川、有川

【浜田-立正大淞南】七回裏立正大淞南1死一、二塁、中野の右前適時打で藤田が生還し同点(捕手・勝部)=出雲市大社町北荒木の県立浜山公園野球場で、小坂春乃撮影

▽二塁打 岡田(浜)田中(立)

 浜田は大接戦を制した。一回、山伊勢の犠飛で先制。降雨による約50分間の中断から再開直後の延長十回、岡田の二塁打などで満塁とし、橋本が四球を選んで押し出し。決勝点となった。橋本は打たせて取る投球で完投。立正大淞南は要所でのミスが痛かった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本新薬が勝ち越し アーチ2本、三菱重工広島に 都市対抗

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです