メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県大会 中京大中京、連覇 至学館も東海大会へ /愛知

【東邦-中京大中京】二回裏中京大中京1死満塁、桑垣の3点適時三塁打で7点目のホームを踏む杉浦=愛知県刈谷市の刈谷球場で2020年10月3日、川瀬慎一朗撮影

[PR]

 第73回県高校野球選手権大会(県高校野球連盟、毎日新聞社後援)は3日、刈谷市の刈谷球場で決勝と3位決定戦があった。決勝は中京大中京が東邦を7―1で降し、2年連続24回目の優勝を果たした。秋季東海大会への最後の出場枠をかけた3位決定戦では、至学館が中部大春日丘に競り勝ち、4年ぶり3回目の出場を決めた。愛知、岐阜、三重、静岡4県から各3校が出場する東海大会は24日に三重県で開幕し、大会成績は来春のセンバツ出場校を決める際の参考資料となる。【川瀬慎一朗】

東邦打線続かず

 <刈谷>

 ▽決勝

東邦

  010000000=1

  070000000=7

中京大中京

 (東)知崎、三浦―落合

 (中)畔柳―加藤

▽三塁打 桑垣(中)

▽二塁打 鈴木(東)原(中)

 中京大中京は二回、桑垣が走者一掃の適時三塁打を放つなど6安打の猛攻で一挙7点を奪い、勝負を決めた。畔柳は被安打2、7奪三振の好投ぶり。東邦は継投三浦が追加失点を食い止めたが、二回に先制後、打線が封じられた。

春日丘好機逃す

 <刈谷>

【中部大春日丘ー至学館】中部大春日丘を降して東海大会出場を決め、喜ぶ至学館の選手ら=愛知県刈谷市の刈谷球場で2020年10月3日、川瀬慎一朗撮影

 ▽3位決定戦

中部大春日丘

  100101000=3

  10220000×=5

至学館

 (中)榊原、新宅、水野―早坂

 (至)石川、山本、古田、清水、石川―山岡聖

▽本塁打 山岡慎(至)

▽三塁打 尾崎、岩田(中)山岡聖(至)

▽二塁打 高柳(至)

 至学館は三回、山岡聖の適時三塁打などで2点、四回には山岡慎の2点本塁打で点差を広げ、逃げ切った。中部大春日丘は相手を上回る12安打で反撃を試みたが、至学館の継投に打ち取られ、再三の得点機を逃した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  3. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  4. 安倍前首相公設第1秘書ら聴取 「桜を見る会」前夜祭差額補塡か 東京地検

  5. #生きるのがつらいあなたへ フリーアナ時代にストーカー被害、ネット中傷…自分の「葬式」出した僧侶・高橋美清さん

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです