メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

秋季北信越地区高校野球大会 敦賀気比、延長戦制す 逆転で準決勝進出 /福井

【敦賀気比-新潟明訓】十回表敦賀気比2死一、二塁、大島の右前打で二塁から生還した東がガッツポーズ、5-4と勝ち越す=富山県魚津市の魚津桃山運動公園野球場で、中田博維撮影

[PR]

 第143回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は11日、富山県の富山市民球場と魚津桃山運動公園野球場で準々決勝4試合が行われた。

 星稜(石川1位)と上田西(長野2位)はともに八回コールド勝ちで準決勝進出。関根学園(新潟3位)と敦賀気比(福井1位)はいずれも逆転で接戦を制し、4強入りを決めた。

 準決勝は17日、決勝は18日にいずれも富山市民球場で行われる。【池田真由香、山口敬人、中田博維】

 ▽準々決勝

 【魚津桃山運動公園】

敦賀気比

  0000000313=7

  1000002010=4

新潟明訓

 (延長十回)

 (敦)竹松、上加世田―長尾

 (新)柳下、飯浜―加藤

▽三塁打 高木(新)

▽二塁打 柳下(新)東、今井、上加世田(敦)

 敦賀気比が終盤の集中打で逆転勝ち。八回2死からの4連打で同点。延長十回は2死一、二塁から大島の右前打で勝ち越し。沼田が2点適時打で続いた。新潟明訓は七回まで好投の柳下が崩れ、勢いを止められなかった。

2死から連打

 ○…敦賀気比が延長戦を制し準決勝進出を決めた。七回までわずか1安打。八回も1死から安打の上加世田頼希選手(1年)が二塁を狙って憤死。嫌な雰囲気になりかけたが「いい当たりが出始めたので焦りはなかった」との大島正樹主将(2年)の言葉通り、そこからの4連打で追い付き、九回も連続二塁打で勝ち越した。いずれも2死走者なしから連打だった。いったんは追い付かれたが、十回も2死から大島主将、沼田航選手(2年)の連続適時打で3点を加え試合を決めた。例年と比べ小柄な選手が多く長打力は劣るものの、つなぐ意識は例年以上。「北信越大会では好投手が多く苦しんでいるが、これをきっかけにしたい」と大島主将は意欲を示した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 視聴室 新番組・俺の家の話

  3. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです