メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東海地区高校野球大会 組み合わせ抽選会 県勢3校、決意新た 県内で24日開幕 /三重

[PR]

 第73回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)の組み合わせ抽選会が13日、名古屋市中村区であった。大会は24日に伊勢市と四日市市で開幕し、東海4県の各県大会を勝ち抜いた計12校が出場する。大会成績は来春のセンバツ出場校選考の資料となる。

 県1位の三重は25日の2回戦で、大垣商(岐阜2位)と至学館(愛知3位)の勝者と対戦する。県2位の松阪商は岐阜第一(岐阜3位)と、県3位の海星は常葉大菊川(静岡2位)とそれぞれ24日に1回戦で対戦する。新型コロナウイルスの感染防止のため観客は対戦校の関係者のみで、一般観客は認めていない。

 三重の中沢良文部長は「一つでも多く勝ち上がれるようにしたい。開催県でもあるので頑張りたい」と抱負を語り、松阪商の北村祐斗監督は「強豪校相手に勝ってきたので、この勢いを東海大会にぶつけていきたい」と述べた。海星の森下晃理監督は「1年生が多く、一試合ごとに力を付けてきた。若い勢いで守り勝つ野球を発揮し、1試合でも多く戦いたい」と意気込んだ。【川瀬慎一朗、黒尾透】

〔三重版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 特急が踏切で軽ワゴン車と衝突、先頭車両が脱線 けが人なし 阪急神戸線

  3. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 安倍前首相公設第1秘書ら聴取 「桜を見る会」前夜祭差額補てんか 東京地検

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです