メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

秋季近畿地区高校野球大会 組み合わせが決まる 龍谷大平安、乙訓、京都国際 各校監督の話 /京都

[PR]

スタイル変えずに 龍谷大平安・原田英彦監督

 履正社が敗れるということは、初戦で対決する山田は力があるということだ。負けないようにしたい。今まで通り、スタイルを特に変えることはなく、各自の力を発揮できればと思っている。

相手に食らいつく 乙訓・市川靖久監督

 初戦の天理は、うちの何倍も上手。長身の好投手がいると聞いており、なかなか点が入らないと思うが、その分、主戦の北見に期待をかけたい。まずは目の前の相手に食らいつき、1勝を挙げたい。

勝つため守備崩す 京都国際・小牧憲継監督

 打撃力向上や、けがをしていた選手の復帰などチーム状態は良くなった。和歌山東には毎年好投手がいる印象なので、勝つには守備を崩す必要がある。四球や失策を無くし、勝利につなげたい。

〔京都版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです