メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

秋季中国地区高校野球大会 創志学園は宇部鴻城 対戦相手決まる /岡山

[PR]

 秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)の組み合わせ抽選会が16日、倉敷市のマスカットスタジアムであり、出場16校の対戦相手が決まった。大会は23日から島根県出雲市と松江市の2球場で開催され、決勝は11月1日の予定。新型コロナウイルス感染予防のため無観客で行われるが、保護者は部員1人につき5人まで観戦できる。

 中国地区大会には開催県の島根から4校、岡山・鳥取・広島・山口から各3校が出場する。大会の結果は、来春の第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)の出場校選考の重要な参考資料となる。【岩本一希】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ジャーナリズムを、聞きたい 菅家さんの冤罪証明し真犯人を追う 清水潔さん「潜在する危機伝えることこそ報道」

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです