メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州地区高校野球福岡大会 九国大付と福大大濠、九州大会へ出場決める 北筑、西短大付は準決勝敗退 /福岡

【九国大付-西短大付】二回表九国大付1死満塁、野田選手が放った左前打で2点目のホームを踏む白井慎之介選手

[PR]

 第147回九州地区高校野球福岡大会は16日、久留米市野球場で準決勝2試合があり、福大大濠と九国大付が決勝進出を決めた。福大大濠は序盤に大量リードを奪って北筑に快勝。九国大付は西短大付打線を1安打に抑えて破った。決勝は18日にある。両校は31日から長崎県で開かれる九州大会に出場する。【大坪菜々美、井上和也】

投打かみ合い快勝

 ▽準決勝

九国大付

  030000000=3

  000001000=1

西短大付

 (九)山本、柳川、山本―野田

 (西)大嶋―三宅

▽二塁打 徳永(九)

 投打のかみ合った九国大付が快勝した。二回、1死満塁から野田海人選手の左前2点適時打などで3点を先制。山本大揮、柳川大晟両投手が相手打線を1安打にねじ伏せた。西短大付は敵失絡みの六回の1点に終わった。

先制も失点響く

北筑

100000100=2

50110001×=8

福大大濠

 (北)井生、中野、井生―谷

 (福)毛利、馬場―川上

▽三塁打 松尾、川上、北嶋(福)

▽二塁打 中野(北)友納2(福)

 福大大濠は一回、1死満塁から福沢雄太選手の中前2点適時打などで一挙5点を獲得。三回以降も小刻みに加点した。先発の毛利海大投手は7回を12奪三振の力投。北筑は一回に先制したが、序盤の失点が大きかった。

〔北九州版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  3. 岡山県議が政活費でアップルウオッチ購入 「政務に非常に便利」必要性強調

  4. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  5. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです