メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東北地区高校野球大会 八戸西、4強ならず 1点差、花巻東に競り負け /青森

【八戸西-花巻東】好投した八戸西の先発・福島=宮城県石巻市民球場で2020年10月17日、上鵜瀬浄撮影

[PR]

 第73回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞仙台支局など後援)は17日、宮城県石巻市民球場と仙台市民球場で準々決勝4試合を行い、4強が決まった。

 柴田(宮城)は東日大昌平(福島)に打ち勝ち、32年ぶりに準決勝に進んだ。柴田の1大会3勝は初めて。連覇を狙う仙台育英(宮城)は、羽黒(山形)を降した。日大山形(山形)は東北(宮城)を破って3年ぶりに4強入りし、花巻東(岩手)は初出場の八戸西との競り合いを制して2年ぶりの準決勝に駒を進めた。

 18日は準決勝2試合が石巻市民球場で行われる。【大矢伸一】

九回意地の1点

 花巻東が競り勝った。二回に菱川、菊池開の連続長打で先制し、さらに田代の犠飛で加点した。中居は七回まで無安打に抑え、被安打3で完投。八戸西は福島が好投したが、九回の西谷の適時打による1点に終わった。

長身右腕が好投

 ○…八戸西は長身右腕・福島の好投が光った。登録の186センチより「2センチ伸びた」といい、自身も「走った」と振り返った直球は威力十分だった。初戦から右翼手と左翼手を入れ替えて臨んだこの日は不慣れな外野守備もあって二回に2点を失ったものの、三回以降は得点を与えなかった。花巻東の佐々木洋監督も「高いリリースポイントから速球が低めに決まる。想像以上で素晴らしい」と称賛した。

 大会を通じて外野の守りに課題を残し、八戸西の小川貴史監督は「強豪は弱点を見逃さない。体力をつけて克服したい」と話した。


 ▽準々決勝

八戸西

  000000001=1

  02000000×=2

花巻東

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです