メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東北地区高校野球大会 柴田32年ぶり4強 仙台育英もコールドで /宮城

【柴田-東日大昌平】八回表柴田2死二、三塁、菅野の逆転2点中前打で生還した我妻(背番号9)と谷木(背番号1)を迎える柴田の選手たち=仙台市の仙台市民球場で2020年10月17日、安田光高撮影

[PR]

 第73回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞仙台支局など後援)は17日、石巻市民球場と仙台市民球場で準々決勝4試合を行い、4強が決まった。

【仙台育英-羽黒】七回表仙台育英無死二、三塁、木村の投前スクイズで三塁走者の宇治野が生還し、リードを7点に広げる=仙台市の仙台市民球場で2020年10月17日、安田光高撮影

 柴田(宮城)は東日大昌平(福島)に打ち勝ち、32年ぶりに準決勝に進んだ。柴田の1大会3勝は初めて。連覇を狙う仙台育英(宮城)は、羽黒(山形)を降した。日大山形(山形)は東北(宮城)を破って3年ぶりに4強入りし、花巻東(岩手)は初出場の八戸西(青森)との競り合いを制して2年ぶりの準決勝に駒を進めた。

 18日は準決勝2試合が石巻市民球場で行われる。【大矢伸一、藤田花】

東北15安打で涙

 <石巻市民球場>

 ▽準々決勝

東北

  001010110=4

  00131020×=7

日大山形

 日大山形は同点の四回、斎藤と秋葉の適時打で3点を勝ち越した。五回は伊藤の適時二塁打、七回は梅津の2点三塁打で加点した。東北は三回に竹中の適時二塁打で先行し、相手を上回る15安打を放ったが及ばなかった。

打撃に甘さあった

 ○…「相手に比べてバッティング一本一本に甘さがあった」。日大山形に敗れた試合後、東北の竹中哲斗(2年)は悔しさをにじませた。三回表、「いつも通りやるだけ。投手陣が楽に投げられるように」と打席に立つと、高めに入った変化球を捉え、左翼線に先制の適時二塁打を放った。この日は5打数4安打2打点の活躍。しかしチームは14残塁と好機を生かせず、ずるずると点差を広げられた。敗因は打力の差。「相手はしっかり長打が出ていたのに、自分たちはなかなか1本が出ず劣っていた」。来シーズンに向け、「体幹や筋トレといった基礎練習だけでなく、日ごろの授業や練習態度から見つめ直す。自分の甘さを突き詰めていく」と再起を誓った。

柴田打撃戦制す

 <仙台市民球場>

 ▽準々決勝

柴田

  200000229=15

  301100005=10

東日大昌平

 柴田が両チームともに18安打の打撃戦を制した。八回に菅野の2点適時打で逆転し、九回は打者14人を送り一挙9点を奪った。東日大昌平は九回に岸田と菅原、室塚の適時長短打などで5点を返したが、届かなかった。

仙台育英が快勝

 ▽同

仙台育英 2300303=11

羽黒   0010100=2

 (七回コールド)

 仙台育英が七回コールド勝ちした。五回までに相手失策に乗じて8点を奪い、七回は木村のスクイズ(記録は犠打と野選)と暴投で3点を加えた。羽黒は桜井が三回にソロ本塁打、五回に適時三塁打と一人、気を吐いた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです