メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東北地区高校野球大会 日大山形3年ぶり4強 羽黒は仙台育英に敗れる /山形

【東北-日大山形】四回裏日大山形1死一、三塁、斎藤が勝ち越しの中前適時打を放ち、三塁走者の伊藤を還す(捕手・中道)=宮城県石巻市民球場で2020年10月17日、大矢伸一撮影

[PR]

 第73回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞仙台支局など後援)は17日、宮城県石巻市民球場と仙台市民球場で準々決勝4試合を行い、4強が決まった。

 柴田(宮城)は東日大昌平(福島)に打ち勝ち、32年ぶりに準決勝に進んだ。柴田の1大会3勝は初めて。連覇を狙う仙台育英(宮城)は、羽黒を降した。日大山形は東北(宮城)を破って3年ぶりに4強入りし、花巻東(岩手)は初出場の八戸西(青森)との競り合いを制して2年ぶりの準決勝に駒を進めた。

 18日は準決勝2試合が石巻市民球場で行われる。【大矢伸一】

四回に勝ち越し

 <石巻市民球場>

 ▽準々決勝

東北

  001010110=4

  00131020×=7

日大山形

 日大山形は同点の四回、斎藤と秋葉の適時打で3点を勝ち越した。五回は伊藤の適時二塁打、七回は梅津の2点三塁打で加点した。東北は三回に竹中の適時二塁打で先行し、相手を上回る15安打を放ったが及ばなかった。

攻守に躍動、逆転を演出 日大山形・伊藤

 身長184センチ、体重88キロと大柄な日大山形の伊藤が攻守でチームを奮い立たせた。

 一回、先頭打者の当たりは左翼への大飛球になった。強い風と、フェンスまでの距離を計算して深く守っていた伊藤が柵越えしそうな当たりをジャンピングキャッチした。「練習試合でも経験していたから怖がらずに追えた」と振り返った。

 好捕は打撃に好影響を与えた。先頭で迎えた四回は「四球でもいいからつなぐ」という意識で打席に入る。フルカウントからの8球目を右前へ運んで出塁し、その後、勝ち越しのホームを踏んだ。五回1死二塁では2番手左腕から右翼線適時二塁打を放ち、追加点をもたらした。「追い込まれたのでノーステップ打法に変えた」と冷静に状況に対応した。

 2回戦の弘前学院聖愛戦に続いて先取点を奪われながら、勝利した。レギュラーに身長180センチ以上の選手を5人そろえるだけに、荒木準也監督は「育つのに時間がかかるが、魅力と夢があるチーム」と話す。【上鵜瀬浄】

桜井が孤軍奮闘

 <仙台市民球場>

 ▽準々決勝

仙台育英 2300303=11

羽黒   0010100=2

 (七回コールド)

 仙台育英が七回コールド勝ちした。五回までに相手失策に乗じて8点を奪い、七回は木村のスクイズ(記録は犠打と野選)と暴投で3点を加えた。羽黒は桜井が三回にソロ本塁打、五回に適時三塁打と一人、気を吐いた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです