メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15安打浴びても笑顔 157球を成長の糧に 敦賀気比・上加世田 秋季高校野球

【上田西-敦賀気比】15安打完投した敦賀気比の上加世田頼希=富山市の富山市民球場で2020年10月18日午後0時15分、森野俊撮影

[PR]

 来春のセンバツ出場校選考の参考資料となる高校野球秋季北信越大会は18日、富山市の富山市民球場で決勝があり、敦賀気比(福井1位)が上田西(長野2位)に16―5で大勝し、5年ぶり6回目の優勝を果たした。

 いくら安打を打たれようと、最後まで笑ってマウンドに立ち続けた。背番号18をつけた敦賀気比の1年生右腕・上加世田(うえかせだ)が15安打を浴び、5失点しながらも完投した。

 脚を高く上げるフォームから最速142キロの直球を投げる本格派。自身が「100点」と評した一回の投球に将来性を感じさせた。

 2死一、二塁のピンチに、前日2本塁打の上田西の5番・飛鳥井を迎えた。「初回を抑えれば流れは来ると思った」。カウント1―2から、外角の131キロの直球で見逃し三振に仕留めると、雄たけびを上げた。

【上田西-敦賀気比】優勝を果たし、笑顔を見せる敦賀気比の上加世田頼希(左)ら=富山市の富山市民球場で2020年10月18日午後0時29分、森野俊撮影

 関根学園との準決勝では3番手として四回から登板し、7回を1失点に抑えて延長サヨナラ勝ちを呼び込んだ。この日は「初めて」というほどの安打を浴びたが、要所は締めて流れは渡さず、打者としては3安打4打点。1年生ながら攻守でけん引し、チームは5年ぶりに北信越王者への返り咲きを果たした。

 中学時代は大阪の軟式野球チームに所属し、U15(15歳以下)日本代表にも選出された逸材だ。「最後まで投げられたのは良かったけど、気持ちが高ぶった。無駄な四球をなくしたい」。この日の157球を成長の糧とする。【大東祐紀】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです