メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エース・谷木「力出し切り」無四球完封劇 柴田が初の決勝進出 秋季高校野球

【柴田-日大山形】九回裏日大山形2死二、三塁、最後の打者を空振り三振に仕留め、拳を握る柴田の谷木亮太=宮城県石巻市の石巻市民球場で2020年10月18日午後0時4分、安田光高撮影

[PR]

 高校野球の秋季東北大会は18日、宮城県石巻市の石巻市民球場で準決勝を行い、柴田(宮城)が6―0で日大山形を破り、初の決勝進出を果たした。

 残り少ない投球数を、頭の中から排除した。柴田の右腕エース・谷木亮太(2年)が全力で投げ抜き、完封劇で勝利をもたらした。

【柴田-日大山形】6安打完封した柴田の谷木亮太=石巻市の石巻市民球場で2020年10月18日午前10時32分、安田光高撮影

 九回1死一、三塁、失点のピンチにも焦りはなかった。日大山形の5番打者をチェンジアップで遊飛に仕留めると、最後の締めはスライダーで空振り三振。制球のいい変化球で緩急もつけて的を絞らせず、無四球完封と完璧な投球を見せた。初の決勝進出にも「力を出し切ることができた」と語った。

 3年生が引退後、新チームになった8月。それまで持ち球は直球とカーブだけだったが、投手経験のある部長のアドバイスでチェンジアップやスライダーといった新たな球種を習得した。球が高めに浮けば、次はその対角線の低めに投げるよう意識し制球も磨いた。

【柴田-日大山形】初の決勝進出を決め、外野席の観衆にあいさつをする柴田の選手たち=石巻市の石巻市民球場で2020年10月18日午後0時7分、安田光高撮影

 柴田はここまでの4試合、あえて先攻を選んできた。まずは打線が勢いづけることで、谷木に落ち着いて投球準備をさせるためだ。「(試合前の)じゃんけんで勝ったチームは後攻を選ぶことが多い」と平塚誠監督。もくろみ通り、先攻を得たこの日も一回から適時打などで4点を先取し、後押しした。

 谷木はここまでの4試合すべてに先発し、計481球を投げた。1週間で500球までの投球制限の規定上、20日の決勝は19球しか投げられない。規定投球数が迫っていたこの日の先発も、部員全員で話し合って谷木に託した。チームのために全力投球を貫いた谷木は「絶対に勝ちたかったので、いつも以上に集中した」と満足げだった。【尾形有菜】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです