メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

秋季四国地区高校野球大会 組み合わせ抽選 鳴門渦潮、小松と初戦 徳島北は英明 /徳島

番号札を見せる鳴門の北谷雄一部長=高知市本町2の高知サンライズホテルで、郡悠介撮影

[PR]

 第73回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が20日、高知市本町2の高知サンライズホテルで開かれた。各県大会1位の鳴門、明徳義塾(高知)、寒川(香川)、聖カタリナ学園(愛媛)は準々決勝から登場し、各県大会2位と3位の勝者と対戦する。

 抽選会では新型コロナウイルス感染対策のため、例年と異なり各校の主将は不参加。出場12校の部長らが集まり、各県1位校の出席者が順に番号札を引いた。同じ県の1位と2位、2位と3位は決勝まで、同じ県の1位と3位は準決勝まで対戦しないよう振り分けられた。鳴門の北谷雄一部長は「徳島1位校の名に恥じぬよう、最後まで諦めないで泥臭く戦いたい」と意気込んだ。

第73回秋季四国地区高校野球大会組み合わせ

 大会は24日、高知県立春野球場(高知市春野町芳原)と高知市営球場(同市大原町)で開幕する。25日に準々決勝、31日に準決勝、11月1日に決勝がある。大会の成績は、来春の第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の出場校を選考する際に参考資料となる。【郡悠介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです