メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

秋季四国地区高校野球大会 組み合わせ決定 寒川VS鳴門渦潮と小松の勝者 英明VS徳島北 高松商VS高知 /香川

番号札を見せる寒川の宮川昌明部長=高知市本町2の高知サンライズホテルで、郡悠介撮影

[PR]

 第73回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が20日、高知市本町2の高知サンライズホテルで開かれた。各県大会1位の寒川、鳴門(徳島)、明徳義塾(高知)、聖カタリナ学園(愛媛)は準々決勝から登場し、各県大会2位と3位の勝者と対戦する。【郡悠介】

 抽選会では新型コロナウイルス感染対策のため、例年と異なり各校の主将は不参加。出場12校の部長らが集まり、各県1位校の出席者が順に番号札を引いた。同じ県の1位と2位、2位と3位は決勝まで、同じ県の1位と3位は準決勝まで対戦しないよう振り分けられた。寒川の宮川昌明部長は「期間は短いが試合までしっかり練習する。県大会同様に全力で戦う」と意気込んだ。

第73回秋季四国地区高校野球大会組み合わせ

 大会は24日、高知県立春野球場(高知市春野町芳原)と高知市営球場(同市大原町)で開幕する。25日に準々決勝、31日に準決勝、11月1日に決勝がある。大会の成績は、来春の第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の出場校を選考する際に参考資料となる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で新たに1228人の感染確認 北海道は1週間連続200人以上 新型コロナ

  2. ORICON NEWS のん、THE BLUE HEATSの名曲「キスしてほしい」をカバー、新WEB動画で"むずがゆい恋"を表現

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです