メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

秋季中国地区高校野球大会 きょう開幕 県内からは4校出場 /島根

[PR]

 秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は23日、中国5県から計16校が参加して、出雲市の県立浜山公園野球場と松江市営野球場で開幕する。大会結果は来春の第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)の出場校を選ぶ際の重要資料となる。

 日程が順調に進めば、24日までに1回戦8試合、25日に準々決勝4試合が行われ、雨などの場合は26日以降に順延される。準決勝は31日、決勝は11月1日の予定。新型コロナウイルス対策のため無観客で実施され、保護者は部員1人につき5人まで観戦できる。

 出場枠は開催県の島根が4校、他の4県が3校。出場校は次の通り。

 <島根>石見智翠館、浜田、立正大淞南、矢上<鳥取>米子東、鳥取城北、鳥取西<岡山>創志学園、関西、岡山学芸館<広島>広島新庄、盈進、西条農<山口>桜ケ丘、下関国際、宇部鴻城。【小坂春乃】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです