メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球・センバツへの道

秋季中国地区高校野球大会 開幕 西条農、初戦で敗退 七回、本塁打で一矢 /広島

【下関国際-西条農】七回裏西条農無死、清水(左)が左越えの本塁打を放ち笑顔でホームイン=島根県出雲市の県立浜山公園野球場で2020年10月23日、小坂春乃撮影

[PR]

 秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催)は23日、島根県出雲市の県立浜山公園、松江市営の両野球場で開幕、1回戦4試合が行われた。

 岡山学芸館(岡山3位)は石見智翠館(島根1位)との打撃戦を制し、下関国際(山口2位)は西条農(広島3位)に七回コールド勝ち。宇部鴻城(山口3位)は創志学園(岡山1位)に快勝。鳥取城北(鳥取2位)は浜田(島根2位)を終盤に突き放し、それぞれ8強に進出した。

 24日は1回戦の残り4試合があり、準々決勝進出校が出そろう。今大会の成績は来春に開催予定のセンバツ出場校選考の重要な参考資料となる。【小坂春乃、中田博維】

 ▽1回戦

 【島根県立浜山公園】

下関国際

  1011230=8

  0000001=1

西条農

 (七回コールド)

 (下)古賀、松尾―守

 (西)沖田、佐々木、沖田―福井

▽本塁打 清水(西)

▽三塁打 賀谷、仲井(下)

 下関国際は一回2死満塁、押し出し死球で先制。先発の1年・古賀が七回途中までで1失点と好投し、賀谷や仲井の適時三塁打などで打線も援護した。西条農は七回、代打の清水が左翼へ本塁打。計13四死球が痛かった。

岡山学芸館

  000140420=11

  004002100=7

石見智翠館

 (岡)仲村、久野、西村―赤木、真貝

 (石)山崎琢、豊岡、山崎琢―上翔

▽本塁打 赤木(岡)宮本(石)

▽三塁打 宇地原(岡)塩田(石)

▽二塁打 塩田(石)

 【松江市営】

宇部鴻城

  000304000=7

  000100001=2

創志学園

 (宇)天野―池田

 (創)河野、川端、都築―栗山、池田

▽本塁打 平田健(宇)

▽二塁打 天野(宇)山岡2(創)

鳥取城北

  300001030=7

  003010000=4

浜田

 (鳥)広田、奥田―岸野

 (浜)橋本―勝部

▽本塁打 松田(鳥)

▽二塁打 咲花、勝部(浜)大橋(鳥)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです