メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季中国地区高校野球大会 宇部鴻城が快勝 下関国際はコールド勝ち /山口

【宇部鴻城ー創志学園】四回表宇部鴻城2死満塁、天野選手の左翼線二塁打で2点を先制する

[PR]

 秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催)は23日、島根県出雲市の県立浜山公園、松江市営の両野球場で開幕、1回戦4試合が行われた。

 岡山学芸館(岡山3位)は石見智翠館(島根1位)との打撃戦を制し、下関国際(山口2位)は西条農(広島3位)に七回コールド勝ち。宇部鴻城(山口3位)は創志学園(岡山1位)に快勝。鳥取城北(鳥取2位)は浜田(島根2位)を終盤に突き放し、それぞれ8強に進出した。

 24日は1回戦の残り4試合があり、準々決勝進出校が出そろう。今大会の成績は来春に開催予定のセンバツ出場校選考の重要な参考資料となる。【小坂春乃、中田博維】

 ▽1回戦

宇部鴻城

  000304000=7

  000100001=2

創志学園

 (宇)天野―池田

 (創)河野、川端、都築―栗山、池田

▽本塁打 平田健(宇)

▽二塁打 天野(宇)山岡2(創)

 宇部鴻城は四回2死満塁から天野選手が先制2点二塁打。清綱選手の内野安打で加点すると、六回も2死から大野選手の適時打と平田健選手の3ランでリードを広げた。創志学園は捕逸と犠飛による2点だけ。好投の天野投手を崩せなかった。

下関国際

  1011230=8

  0000001=1

西条農

 (七回コールド)

 (下)古賀、松尾―守

 (西)沖田、佐々木、沖田―福井

▽本塁打 清水(西)

▽三塁打 賀谷、仲井(下)

 下関国際は一回2死満塁、押し出し死球で先制。先発の1年・古賀投手が七回途中までで1失点と好投し、賀谷選手や仲井選手の適時三塁打などで打線も援護した。西条農は七回、代打の清水選手が左翼へ本塁打。計13四死球が痛かった。

〔山口版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前回4強すべて初戦敗退 ヤマハ投手陣、日立製作所封じる 都市対抗野球

  2. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  3. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです