メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季中国地区高校野球大会 下関国際4強 宇部鴻城、桜ケ丘は敗退 /山口

【下関国際-岡山学芸館】一回表下関国際1死一塁、水安選手の二塁打で仲井選手(中央)が還り先制

[PR]

 秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は25日、島根県出雲市の県立浜山公園、松江市営の両野球場で準々決勝4試合があった。

 下関国際(山口2位)は岡山学芸館(岡山3位)を振り切り、米子東(鳥取1位)は盈進(広島2位)を延長十一回に突き放した。鳥取城北(鳥取2位)は坂根叶琉選手の3ランで宇部鴻城(山口3位)にサヨナラ勝ち。広島新庄(広島1位)は桜ケ丘(山口1位)に競り勝ち、それぞれ4強入りを決めた。

 準決勝は31日に、決勝は11月1日に浜山公園野球場で行われる。今大会は、来年3月19日に開幕する第93回センバツ大会選考時の重要な参考資料となる。【小坂春乃、中田博維】


 ▽準々決勝

下関国際

  300020000=5

  100000000=1

岡山学芸館

 (下)古賀、松尾―守

 (岡)岡田景、西村―赤木

▽二塁打 水安、山川(下)

 下関国際は一回、水安選手の二塁打、赤瀬選手の適時打で3点を先制し流れに乗り、五回に山川選手の二塁打で2点追加。古賀、松尾投手の継投で反撃を許さなかった。岡山学芸館は一回、岡野選手の犠飛で1点を返すも、後が続かなかった。

宇部鴻城

  010201000=4

  002000023=7

鳥取城北

 (宇)天野、浦部、山本―池田

 (鳥)広田、奥田―岸野

▽本塁打 田中(宇)坂根(鳥)

▽二塁打 広田、神田、徳山(鳥)脇(宇)

 鳥取城北は八回に代打・坂根選手の安打でチャンスを広げ、徳山選手の二塁打などで追い付き、九回は坂根選手の3ランでサヨナラ勝ち。宇部鴻城は田中選手のソロや犠打を絡めた攻めで主導権を握ったが、終盤の好機を生かせなかった。

広島新庄

  000000300=3

  000000101=2

桜ケ丘

 (広)花田、秋山―北田

 (桜)戸高、宮城功―東川

▽三塁打 平田(広)戸高(桜)

▽二塁打 宮城塁(桜)

 広島新庄は七回、藤川選手の適時打と平田選手の2点三塁打で3点。花田、秋山投手の継投で逃げ切った。桜ケ丘は七回に棚橋選手が適時打。九回は戸高選手の三塁打で1点差と詰め寄ったが、続く1死三塁のチャンスを生かせなかった。

〔山口版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  3. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです