メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「東海大」対決は甲府が相模に逆転サヨナラ勝ち 高校野球秋季関東

【健大高崎-国学院栃木】五回表健大高崎無死一、二塁、小沢周平が右前に適時打を放つ=千葉県柏市の柏の葉公園野球場で2020年10月27日午前11時半、岩壁峻撮影

[PR]

 高校野球の秋季関東大会は27日、千葉市のZOZOマリンスタジアムなどで2回戦4試合があり、東海大甲府(山梨)が東海大相模(神奈川)との付属校対決を2―1の逆転サヨナラで制した。2連覇を狙う健大高崎(群馬)は国学院栃木(栃木)に8―1でコールド勝ちした。

 常総学院(茨城)は中盤から打線がつながり、木更津総合(千葉)に9―1で大勝。専大松戸(千葉)は鎌倉学園(神奈川)に6―0で快勝した。

 31日の準決勝(千葉県野球場)は健大高崎―専大松戸、東海大甲府―常総学院の顔合わせとなった。

 東海大甲府・村中秀人監督 バッテリーが冷静に9回まで1点で抑えてくれたことが、最終回につながった。すばらしかった。最後に粘り強さを見せて逆転サヨナラ打を放ち、もう何も言うことはない。

 常総学院・島田直也監督 難しい試合だった。勝ったことは良かったが、走塁ミスが多く、前半にきちんと決めていればもっと楽に試合を運べた。(4強入りへの)重圧を力に変えることができた。

 健大高崎・青柳博文監督 (終盤に国学院栃木を突き放し)接戦になると思っていたが、選手たちは粘り強く試合を作ってくれた。(昨秋の関東大会を制した)旧チームを超えることだけを考えている。

 専大松戸・持丸修一監督 (無四球完封した)先発の深沢はこの大会から調子を上げてきた。「抑えてくれる」という信頼感がある。(準決勝で対戦する)健大高崎には足で崩されないようにしたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです