メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海大相模、東海大甲府にサヨナラ負け 高校野球秋季関東

【東海大相模-東海大甲府】力投する東海大相模の先発・石田=千葉・ZOZOマリンスタジアムで2020年10月27日、西夏生撮影

[PR]

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は27日、千葉市のZOZOマリンスタジアムなどで2回戦4試合が行われた。

 神奈川1位の東海大相模は東海大甲府(山梨1位)に1―2で逆転サヨナラ負け。同2位の鎌倉学園は専大松戸(千葉3位)に0―6で敗れ、県勢のベスト4入りはならなかった。【宮島麻実、洪玟香】

東海大相模、追加点奪えず逆転許す

 東海大甲府がサヨナラ勝ち。1点を追う九回、1死一、二塁で久井の2点適時打で逆転、先発・若山の好投に応えた。東海大相模は六回に門馬の犠飛で先制したが、九回2死三塁の好機を逃すなど追加点を奪えなかった。

 東海大相模・門馬敬治監督 粘り勝ちしないといけない場面で粘り負けた。1点をとるために攻めてきていた甲府とちょっとした差が出た。チームはまだ始まったばかり。この試合を力に変えて、作りあげていきたい。

 東海大相模・大塚瑠晏主将 新チームは「守備から」ということでやってきたが、最後に(サヨナラにつながる)ミスが出て終わってしまった。冬は守備を徹底的に練習する。力をつけて、春と夏は絶対に勝ちたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです