メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

秋季中国地区高校野球大会 鳥取県勢敗れる きょう決勝、下関国際VS広島新庄 /島根

[PR]

 秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は31日、出雲市の県立浜山公園野球場で準決勝2試合が行われた。

 下関国際(山口2位)は14安打の猛攻で圧倒。米子東(鳥取1位)の守りの乱れにも乗じて七回コールド勝ちし、3年ぶりの決勝進出。広島新庄(広島1位)は鳥取城北(鳥取2位)との接戦を逆転で制し、7年ぶりに決勝へ駒を進めた。

 下関国際と広島新庄は、1日に同野球場で行われる決勝で対戦する。今大会は、来年3月19日に開幕する第93回センバツ大会出場校選考時の重要な参考資料となる。【中田博維】


 ▽準決勝

下関国際

  2301123=12

  0000000=0

米子東

 (七回コールド)

鳥取城北

  010020000=3

  00011110×=4

広島新庄

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです