メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球・センバツへの道

秋季中国地区高校野球大会 広島新庄、逆転勝ち 鳥取城北に4-3 きょう決勝 /広島

【鳥取城北-広島新庄】七回裏広島新庄二死3塁、藤川が三遊間を破る適時打を放ち決勝点を挙げる=島根県出雲市の県立浜山公園野球場で、中島昭浩撮影

[PR]

下関国際に挑む

 秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は31日、島根県出雲市の県立浜山公園野球場で準決勝2試合が行われた。

 下関国際(山口2位)は14安打の猛攻で圧倒。米子東(鳥取1位)の守りの乱れにも乗じて七回コールド勝ちし、3年ぶりの決勝進出。広島新庄(広島1位)は鳥取城北(鳥取2位)との接戦を逆転で制し、7年ぶりに決勝へ駒を進めた。

 下関国際と広島新庄は、1日に同野球場で行われる決勝で対戦する。今大会は、来年3月19日に開幕する第93回センバツ大会出場校選考時の重要な参考資料となる。【中田博維】

 ▽準決勝

下関国際

  2301123=12

  0000000=0

米子東

 (七回コールド)

 下関国際は一回、賀谷が先頭打者本塁打。2死から3連打で加点すると二回も2死から敵失で好機を広げ、守の適時打などで3点。以降も攻撃の手を緩めず計14安打12点でコールド勝ち。米子東は5失策と守りが乱れた。

鳥取城北

  010020000=3

  00011110×=4

広島新庄

 広島新庄は六回に北田の適時打で同点とし、七回は花田、藤川の連続長短打で勝ち越し。2番手・秋山が緩急をつけて好投。そのまま逃げ切った。鳥取城北は相手を上回る10安打を放ちながら、あと1本が出なかった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです