メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健大高崎が2連覇 延長戦で常総学院破る 高校野球秋季関東大会

【健大高崎-常総学院】延長十一回、勝ち越しのソロ本塁打を放ち、笑顔で生還する健大高崎の堀江晃生=千葉市の千葉県野球場で2020年11月1日午後0時21分、岩壁峻撮影

[PR]

 来春のセンバツ出場校選考の参考資料となる高校野球の秋季関東大会は1日、千葉市の千葉県野球場で決勝があり、健大高崎(群馬)が常総学院(茨城)を延長戦の末に9―7で破り、2年連続2回目の優勝を果たした。

 秋季関東大会の連覇は、2010~12年に3連覇した浦和学院以来。

 健大高崎・青柳博文監督 延長に入り、点が入るなら本塁打かなと思っていたが、追加点も本塁打とは。優勝は素直にうれしい。練習試合からどんな試合も諦めず、粘り強く戦ってきたのが良かった。

 常総学院・島田直也監督 乱打戦になる予想はしていた。投手が打ち込まれたが、打線が一時逆転したことを考えるとチーム力は上がっている。準優勝は選手にとっても私にとっても自信になる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです