メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東海地区高校野球大会 県岐阜商、サヨナラ負け 中京大中京に雪辱ならず /岐阜

【県岐阜商-中京大中京】一回表県岐阜商2死一、三塁、後藤が適時二塁打を放つ=三重県伊勢市のダイムスタジアム伊勢で2020年11月1日、兵藤公治撮影

[PR]

 来春のセンバツ出場校の参考資料となる第73回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は1日、三重県伊勢市のダイムスタジアム伊勢で決勝があった。県岐阜商(岐阜1位)は、中京大中京(愛知1位)に6―7でサヨナラ負けを喫し、優勝を逃した。【熊谷佐和子】

八回に継投崩れ

 <ダイムスタジアム伊勢>

 ▽決勝

県岐阜商

  500100000=6

  000210031=7

中京大中京

 (県)松野、大島、松野、野崎―高木

 (中)柴田、松田、畔柳―西川、加藤

▽本塁打 加藤(中)

▽二塁打 後藤、梅村(県)

【県岐阜商-中京大中京】四回表県岐阜商2死二塁、山本が内野安打を放つ=三重県伊勢市のダイムスタジアム伊勢で2020年11月1日、兵藤公治撮影

 県岐阜商は一回、高木の中越え適時打で1点を先制。その後も後藤の左越え適時二塁打や湊の左前適時打が続き、計5点を挙げた。四回にも山本の内野安打で1点を追加。中盤まで試合を優位に進めたが、継投が実らず、八回に同点に追いつかれた。中京大中京は九回、1死満塁から辻の左越え適時打で勝ち越し、サヨナラ勝ちした。


県岐阜商・野崎慎裕投手(2年)=三重県伊勢市のダイムスタジアム伊勢で2020年11月1日、兵藤公治撮影

 ■ズーム

突かれた気の緩み 県岐阜商・野崎慎裕投手(2年)

 初戦の東邦戦、準決勝の岐阜第一戦をともに完封したエース。決勝では、リードを守る終盤を託された。2回3分の1を投げ7被安打4失点。「気の緩みが出た」と目を赤らめた。

 同点で迎えた九回、相手の1死満塁でサヨナラ負けの可能性がある場面を迎えた。相手の左打者に対する捕手からのサインは、内角の直球だった。投げるのが苦手な球で、ややコースも甘くなった。カウントが悪くなり、自分が置きに行った球を、相手は見逃さなかった。「後悔のないボールを投げようと思っていたが、弱みが出た」

 準決勝までの2試合では、自分の調子や打者の反応に合わせた、臨機応変な投球ができたとの「収穫」を得た。決勝を投げ終えると「投げ込み練習の時、一球くらいいいや、という球があった」との思いがよぎった。「決勝で打たれ、自分はまだまだだと感じた。攻めることができる投手になりたい」【熊谷佐和子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  2. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  3. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  4. 衆院北海道2区補選 野党一本化方針を継続 立憲道連

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです