メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ21世紀枠 東京学館新潟、初推薦 県高野連、文武両道など評価 /新潟

 県高野連は13日、来春の第93回選抜高校野球大会(日本高野連、毎日新聞社主催)の「21世紀枠」県推薦校に東京学館新潟(新潟市中央区)を選出したと発表した。同校が県推薦校に選ばれるのは初めて。

     東京学館新潟は1983年創立の私立校で野球部も同時に創部。春夏を通じて甲子園の出場はないが、2019年夏の県大会では準優勝、20年秋の県大会は4強入りなど数年間にわたり好成績を収めていることを評価した。特に20年秋の大会は準決勝で終盤に逆転され惜敗、北信越地区大会出場をかけた3位決定戦でもサヨナラ負けを喫するなど、あと一歩の成績が続いた。

     また「自主・自学」の校訓のもと、野球部も積極的に文武両道に励み、6割を超える部員が毎年、国公立大を含め大学へ進学していることなども評価された。

     84年夏からチームの指揮を執る長谷和昭監督は「突然の知らせで驚いている。部員の励みになる。学校のこれからの勢いになればうれしい」と話した。

     12月11日に北信越5県の推薦校から候補校1校が選ばれ、21年1月29日の選考委員会で全国9地区の候補校から21世紀枠出場校3校が選出される。【露木陽介】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト