メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松坂世代の父譲りの「1球目からフルスイング」 東海大菅生・小池 秋季高校野球東京

【東海大菅生-関東一】八回表東海大菅生2死一、二塁、勝ち越しの左前適時打を放ち、拳を握りしめる小池祐吏=神宮球場で2020年11月14日午後0時1分、安田光高撮影

[PR]

 来春のセンバツ出場校選考の参考資料となる高校野球の秋季東京大会は14日、神宮球場で準決勝が行われ、東海大菅生が7―5で関東一に競り勝った。15日の決勝では日大三と対戦する。

 「松坂世代」の父親譲りの勝負強さ、そして「好球必打」の教えを大舞台で体現した。

 同点で迎えた八回2死一、二塁。東海大菅生の5番・小池祐吏(1年)は、冷静に配球を読んだ。「走者がいれば真っすぐが多くなる。腹をくくってフルスイングでいこう」。1年生の夏から甲子園のマウンドを経験している関東一の右腕、市川祐(2年)が投じた初球の直球を引っ張ると、打球は左前へ。貴重な勝ち越し点をたたき出した。チームは2年ぶりに決勝へ進出。「チャンスで打てて良かった」と喜んだ。

父は横浜高出身でDeNAコーチ

 小池の父正晃さんは横浜(現DeNA)や中日で外野手として計15年間プレー。現在はDeNAの2軍外野守備走塁コーチを務めている。1998年に松坂大輔(西武)を擁して甲子園春夏連覇を果たした横浜高の中心メンバーの一人で、まさに「松坂世代」だ。「父は苦労話より自慢話が多い」と笑った小池だが、高校入学後に父が成し遂げた偉業を改めて知り、「誇らしい」と感じている。

 ただ、高校は「一番の目標は人間形成」という校風に引かれ、東海大菅生に入学した。父に似て身長180センチと大柄な体格を生かした力強い打撃が持ち味。2013年に引退試合で2本塁打を放った父の「1球目からフルスイング」の姿勢を見習っている。この日もそのフルスイングで、しっかりと5番の役割を果たした。

 「ここまで来たら甲子園に行くしかない。甲子園で本塁打を打ちたい」と小池。父と同じ舞台に立つために、強打でチームをもり立てる。【尾形有菜】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 宇都宮大が2次試験中止 共通テスト成績などで合否 「受験生の健康最優先」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. リオのカーニバル中止 7月延期でも「不可能」 新型コロナ

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです