メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季都高校野球大会 東海大菅生「夏秋連覇」 日大三に6-1で快勝 両監督の話 /東京

[PR]

機動力を使えた 東海大菅生・若林弘泰監督

 「優勝しなければ意味が無い」と言い続けてきたのでうれしい。本田は失点の場面以外は今年一番の投球。攻撃面は機動力を使えた。投手力を底上げし、内野陣の精神面をさらに鍛えたい。

打たせてもらえず 日大三・小倉全由監督

 守りは頑張ってくれて、宇山も(相手打線を)よく抑えてくれた。だが、打たせてもらえず、まだ力不足。鋭く打てるチームにならないといけないなと感じた。選手も良い経験になったと思う。

〔都内版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです