メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学野球の名将、古豪「桐高」復活に挑む 元青学監督・河原井正雄さん、母校で奮闘

練習試合を終えた後輩を指導する河原井正雄さん=桐生高校で2020年10月24日午後4時34分、高橋努撮影

 週末、野球部の練習試合が行われている群馬県立桐生高校グラウンド。小さなバックネット裏にしつらえられた長椅子に、元青山学院大監督の河原井正雄さん(66)は腰を据える。選手の動き、打球の行方に目を凝らし、時折、小さく舌打ちを漏らしたりもする。

 「分かってはいるんだけど、まだ高校生のレベルに頭がなじまないんだな」。一定のフィルターを抜けてきた選手が集まる社会人野球や大学野球に慣れた目には、高校野球の技術はやはり稚拙に見えるのだろう。

 試合が終わるとグラウンドに下りて全選手を集め、気付いた点を告げる。そして練習。この日は全員で走塁練習に取り組ませた。「まず基本から覚えてもらわないと始まらな…

この記事は有料記事です。

残り1398文字(全文1693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです