メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ「21世紀枠」推薦 館林高に表彰状 /群馬

県高野連の中西信之会長から表彰状を受け取る篠原聖矢主将(左)=群馬県館林市富士原町の館林高校で2020年11月18日、川地隆史撮影

 来春の第93回選抜高校野球大会の「21世紀枠」に推薦された県立館林高校(館林市)に18日、主催者の日本高野連と毎日新聞社から表彰状が贈られた。

     篠原聖矢主将(2年)に表彰状を渡した県高野連の中西信之会長は「文武両道を絵に描いたような学校。さらなる吉報が届くことを祈念申し上げる」と激励。細堀和弘監督は「推薦校の名に恥じないよう、さらに良いチームを作っていきたい」と話した。

     篠原主将は「推薦を受けられたのは先輩方のお陰。感謝の気持ちを胸に、チーム一丸となって頑張りたい」と意気込みを語った。

     県高野連は同校の推薦理由として、3年連続で秋の県大会ベスト8以上に進出した点や、多くの部員が学業と部活動の両立を目指している点を挙げる。

     各都道府県から1校ずつ推薦される21世紀枠候補は、12月中旬に全国9地区の9校に絞られ、来年1月下旬の選考委員会でセンバツに出場する3校が決まる。【川地隆史】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト