メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木内幸男さん死去 洞察力と情の「マジック」 84年PL破り全国V

1984年の全国高校野球選手権・決勝戦で、延長の末にPL学園を破って優勝した取手二の木内監督

 肺がんのため24日に89歳で死去した高校野球界を代表する名将・木内幸男さんは、茨城県の取手二、常総学院で、甲子園に合計春7度、夏15度出場し、春1度、夏2度の優勝に導いた。大事な一戦で見せる意表をつく継投やスクイズは「木内マジック」と称された。だがその采配の背後には、選手の個性を見抜く観察眼と、戦況を冷静に判断する洞察力があった。

 一躍有名になったのは、取手二を率いた1984年夏の甲子園だ。「KKコンビ」として知られた清原和博さん(53)、桑田真澄さん(52)を擁したPL学園(大阪)との決勝。エースが完投するのが当然だった時代、九回に追いつかれると、エースを一度外野に下げ、冷静さを取り戻させてから再びマウンドに戻し、春夏通じて茨城県勢初の甲子園制覇に導いた。

この記事は有料記事です。

残り1462文字(全文1796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです