メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ、入場曲は「パプリカ」 中止の昨年と同じ

 第93回選抜高校野球大会の入場行進曲が13日、第92回大会に続き小中学生のグループ、Foorin(フーリン)の「パプリカ」に決まった。2大会連続で同じ行進曲となるのは戦後初めて。

     2020年は新型コロナウイルス感染拡大により、春夏ともにトーナメントで優勝を決める甲子園大会は中止に。今大会も感染防止対策を進める中で、前回大会と同じ曲にすることで高校野球ファンに「復活」というメッセージを伝えたいとして採用が決まった。Foorinはシンガー・ソングライターの米津玄師さんがプロデュースする5人組ユニットで、パプリカは米津さんが作詞・作曲した。行進曲は前回大会の楽曲は使用せず、新たに編曲される。【藤田健志】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト