メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球殿堂、特別表彰は川島勝司氏と佐山和夫氏 競技者表彰は該当者なし

野球殿堂博物館が併設されている東京ドーム=曽根田和久撮影

[PR]

 野球殿堂博物館(東京都文京区)は14日、今年の野球殿堂入りを発表し、アマチュア野球関係者などが対象の特別表彰で、アトランタ五輪野球日本代表監督を務めた川島勝司氏(77)と日本高校野球連盟顧問でノンフィクション作家の佐山和夫氏(84)が選ばれた。

 プロ野球の元選手や指導者が対象の競技者表彰はプレーヤー表彰、エキスパート表彰とも選出されなかった。競技者表彰の該当者なしは1998年以来23年ぶり12回目。今年は史上最年長勝利投手の山本昌氏ら有力候補が新たに加わり、候補者数も昨年より大幅に増えたため票が割れた。最多得票のヤクルト・高津臣吾監督は当選に10票足りなかった。

 川島氏は中大から社会人野球の日本楽器(現ヤマハ、浜松市)に進み、内野手としてプレー。監督として都市対抗大会で3回優勝した。96年アトランタ五輪では、アマによる日本代表を率いて銀メダルを獲得した。五輪代表監督経験者の殿堂入りは4人目。佐山氏は日米の野球史に詳しく、「史上最高の投手はだれか」「野球とクジラ」などの著作がある。2007年から選抜高校野球大会の21世紀枠特別選考委員を務めている。

 野球殿堂は、日本野球の発展に大きく貢献した人たちの功績をたたえ、顕彰するため59年に創設された。殿堂入りした人は東京ドームにある同博物館にレリーフが飾られる。殿堂入りの通知式は例年、同博物館で行われるが、今年は新型コロナウイルス感染防止のためオンラインで実施された。殿堂入りは計209人(競技者表彰98人、特別表彰111人)となった。【中村有花】

◇中日・福留

 (1996年アトランタ五輪代表)高校を出たばかりの僕を代表に選び、世界を相手に戦うチャンスを与えてくださったのが川島さんです。日の丸を背負う意味や重みを体験できたことは、その後の野球人生にも生かすことができました。

 DeNA・川村投手コーチ (アトランタ五輪出場時に)どんな場面でも優しく見守っていただいたおかげで安心して投球できたことを思い出します。決勝リーグ進出をかけた試合で打ち込まれた投手をその後も使い続けてくれたこと、ボールの判定に一緒に悔しがってくれたことは今でも忘れません。川島監督のような指導者になれるよう精進していきたいと思います。

◇日本高校野球連盟・八田英二会長

 (佐山さんには)高校野球の大きな節目では必ず、時に厳しく、時に優しい視点でたくさんのご助言を頂戴した。佐山さんが常々言われている「高校野球が教育の一環として青少年の健全育成に果たしてきた原点」を今後も大切に、未来の高校野球に向けて進んでいきたい。

かわしま・かつじ

 栃木県出身。群馬・桐生高、中大卒。1966年に日本楽器(現ヤマハ)に入社し、内野手として活躍。監督に転じた72年に都市対抗野球本大会で初優勝し、87、90年も制した。監督として都市対抗優勝3回は史上最多。野球日本代表では88年ソウル五輪でコーチ、96年アトランタ五輪で監督を務めた。2000~02年はトヨタ自動車監督。日本野球連盟副会長などアマ野球の要職を歴任し、現在は同連盟参与。

さやま・かずお

 和歌山県出身。和歌山・田辺高、慶大文学部卒。会社員、英語教師を経てノンフィクション作家に転身。伝説の投手、サチェル・ペイジを描いた「史上最高の投手はだれか」や「ベースボールと日本野球」など日米の野球史に関する著書が多数ある。1995年、野球研究の功績をたたえるジョセフ・アストマン賞を受賞した。99年から日本高校野球連盟顧問、2007年から選抜高校野球大会21世紀枠特別選考委員。

◇野球殿堂の選出方法(いずれも75%以上の得票で殿堂入り)

<競技者表彰>▽プレーヤー表彰=現役引退から5年以上のプロ選手が対象で今回は30人。候補者でいられるのは15年間。野球報道経験15年以上の委員約350人が投票▽エキスパート表彰=プロの監督、コーチを引退後半年以上経過しているか、現役引退から21年以上のプロ選手が対象。今回は20人。殿堂入りした人約40人と、競技者表彰委員会の幹事や野球報道経験30年以上の委員約90人が投票。

<特別表彰>対象は▽現役引退から5年以上のアマ選手、引退後半年以上のアマの監督、コーチ▽引退後半年以上のプロ、アマの審判員▽プロ、アマの組織などの発展に貢献した人▽日本の野球の普及と発展に貢献した人。今回は10人。プロ、アマの役員や野球関係の学識経験者など14人が投票。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです