メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駆け抜けた1世紀

第90回の記念大会となるセンバツは、1924年の第1回から太平洋戦争による中断を経て、100年近い歴史を刻んできた。激動や混迷の時代、球児たちは何を思い、春の舞台はどんな世相を映し出したのか。「駆け抜けた1世紀」をたどる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト