メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2020甲子園交流試合タイムライン

2020年甲子園交流試合のタイムラインです。7月8日(水)17時~の組み合わせ抽選会の様子をお届けします。

自動更新

31日前に配信

開幕カードを引き当てた花咲徳栄。中継を見守る様子を動画でどうぞ。

31日前に配信

全32チームで最初に抽選札を選んだ平田の保科陽太主将は「緊張したが、ここから交流試合が始まるんだと思うと、言葉に表せない気持ちだった」と振り返りました。各校の「喜びの瞬間」をお届けします。

31日前に配信

<第6日(8月17日)の見どころ>屈指の好カードが実現します

31日前に配信

<第5日(8月16日)の見どころ>好投手、打者ズラリ。健大高崎など好投手を要するチームが登場します

31日前に配信

<第4日(8月15日)の見どころ>19年夏の甲子園の決勝カード、履正社vs星稜が再び

31日前に配信

<第3日(8月12日)の見どころ>智弁学園(奈良)vs中京大中京(愛知)の好カードも

31日前に配信

全ての対戦カードと日程はこちらからご覧いただけます。

【スケジュールはこちら】

31日前に配信

<第2日(8月11日)の見どころ>天理(奈良)や県岐阜商(岐阜)が登場します。

31日前に配信

<第1日(8月10日)の見どころ>強打線VS本格右腕 2試合の見どころを紹介します。

31日前に配信

<大分商―花咲徳栄(8月10日の第1試合)>大分商の川瀬堅斗主将は、九州で続く豪雨被害にも触れ「野球をプレーする姿で多くの人を勇気づけたい」と語りました。

31日前に配信

組み合わせ抽選会は、オンラインで日本高野連の抽選本部と招待校32校をつなぐ、異例の形で行われました。振り返ります。

31日前に配信

<智弁和歌山―尽誠学園>ウェブ会議システムの抽選に臨んだ智弁和歌山の細川凌平主将は、少し緊張した様子でした。

31日前に配信

<智弁和歌山―尽誠学園(8月17日の第2試合)>尽誠学園の選手たちは「一球にこだわって打席に立ちたい」と意気込みます。

31日前に配信

<明石商―桐生第一>桐生第一は、創部から30年以上チームを率い、1999年には夏の甲子園制覇に導いた福田治男氏から、2018年にOBの今泉監督が後を継ぎました。

31日前に配信

<明石商―桐生第一>明石商の選手たちは、コロナ禍で1カ月2キロ増量を目標にトレーニングを実施しています。

31日前に配信

<明石商―桐生第一(8月16日の第1試合)>明石商の選手や監督は「真剣勝負ができる」喜びをかみしめています。

31日前に配信

<履正社―星稜>まさかの対決に、履正社の岡田龍生監督も「ドラマチックな再戦。この1試合にすべてをかけたい」と意気込みます。

31日前に配信

<磐城―国士舘>サッカー強豪校としても知られる国士舘。日本代表GK権田修一さんや俳優の中村倫也さんの母校でもあります。

31日前に配信

<磐城―国士舘>磐城は、センバツ中止後に木村保前監督が他校に転勤になり、OBの渡辺監督と交流試合に臨みます。

31日前に配信

<磐城―国士舘>抽選会終了後、磐城の選手たちはグラウンドに集まり、監督から対戦相手を伝えられると、控えめに笑みを浮かべました。

31日前に配信

<磐城―国士舘(8月15日の第2試合)>国士舘では、今月に入り、東京都内で再び感染者が増加したことから全体練習を再度自粛するなどしていますが、「堂々とプレーしたい」と意気込みます。

31日前に配信

独自大会もあり、過密日程になりそうですが、帯広農の中軸・水上流暢(はるのぶ)選手は「甲子園でも柵越えを1本打ちたい」と力強く語ります。

32日前に配信

<天理―広島新庄>広島新庄は、最年長監督としてセンバツに臨む予定だった迫田守昭氏(74)が3月で退任し、宇多村監督が率います。

32日前に配信

<天理―広島新庄>秋の奈良県大会3位ながら、近畿大会では大阪桐蔭、履正社を破って優勝した天理。19年秋の公式戦(12試合)で20本塁打は出場校中最多です。

32日前に配信

<天理―広島新庄(8月11日の第1試合)>天理・下林源太主将は「支えてくれた方々に喜んでいただけるように、全力プレーでやっていきたい」と意気込みます。

32日前に配信

<天理―広島新庄(8月11日の第1試合)>広島新庄・下志音主将は、天理と対戦が決まり「投打ともにとても素晴らしいチーム」と印象を述べました。

32日前に配信

<大阪桐蔭―東海大相模>東海大相模は、2019年夏の甲子園経験者が8人そろい、高い攻撃力に注目です。

32日前に配信

<大阪桐蔭―東海大相模>大阪桐蔭は、左腕・藤江は140㌔超の直球などを武器に、2019年秋の公式戦での平均奪三振率は出場投手中2位です。

32日前に配信

<大阪桐蔭―東海大相模>東海大相模・山村崇嘉主将は、大阪桐蔭の印象を「毎年強くて総合力のあるチーム」と話します。

32日前に配信

<大阪桐蔭―東海大相模(8月17日の第1試合)>大阪桐蔭・藪井駿之裕主将は、対戦が決まった東海大相模を「打力が高いチーム」と印象を語りました。

32日前に配信

<帯広農―健大高崎>代名詞の「機動破壊」は健在です。

32日前に配信

<帯広農―健大高崎>健大高崎・戸丸秦吾主将は「いろいろな方々に支えられて今がある」と感謝をかみしめます。

32日前に配信

<帯広農―健大高崎>帯広農は、農業高校だけに農家の選手は家のビニールハウスで練習しています。

32日前に配信

<帯広農―健大高崎(8月16日の第2試合)>帯広農・井村塁主将は「全体として雰囲気は上がってきている」と交流試合に意欲を燃やします。

32日前に配信

<明徳義塾―鳥取城北>鳥取城北の主軸・河西は、レギュラー陣トップの打率で、選球眼には山木監督も太鼓判をおします。

32日前に配信

<明徳義塾―鳥取城北>鳥取城北・吉田貫汰主将は「順調に練習できており、投打共にレベルアップできている」と意気込みます。

32日前に配信

<履正社―星稜>履正社は、出場校トップのチーム打率(2019年秋の公式戦)を誇る打線に、19年夏の甲子園優勝に貢献したエース右腕・岩崎など投手陣の層も厚いです。

32日前に配信

<履正社―星稜>交流試合が決定し、履正社・関本勇輔主将は「一人一人が課題を持って高い意識で(練習に)取り組めている」とチームの近況について話しました。

32日前に配信

<履正社―星稜>19年夏は「守り」が強みでしたが、現チームは強打が持ち味です。

32日前に配信

<履正社―星稜(8月15日の第1試合)>昨夏の決勝と同じカードとなり、星稜・内山壮真主将は「昨年の夏の借りを返す」と意気込みを語りました。

32日前に配信

<大分商―花咲徳栄>花咲徳栄・井上朋也主将は「最高のパフォーマンスを発揮できるように準備したい」と話します。

32日前に配信

<智弁学園―中京大中京>智弁学園の中心は4番・前川。「自分の一振りで試合の流れを変える」と中軸の自覚も十分です。

32日前に配信

<智弁学園―中京大中京>中京大中京は、最速148キロだった19年秋から153キロまで球速を伸ばしたエース右腕・高橋が引っ張ります。

32日前に配信

<智弁学園―中京大中京(8月12日の第1試合)>中京大中京・印出太一主将は「このような状況の中で、高校野球から何かを発信したい」と話します。

32日前に配信

<智弁学園―中京大中京(8月12日の第1試合)>智弁学園・白石陸主将は、明治神宮大会優勝校との対戦に、「強豪校と試合がやりたかったのでうれしい」と話しました。

32日前に配信

<明徳義塾―鳥取城北(8月10日の第2試合)>明徳義塾は、エース左腕・新地が四国大会全4試合を一人で投げ抜きました。スライダー、カーブ、チェンジアップの制球力が抜群です。

32日前に配信

<大分商―花咲徳栄(8月10日の第1試合)>花咲徳栄は「攻撃をしていないとおもしろくない」という岩井監督の指導の下、打力を前面に押し出します。

32日前に配信

<大分商―花咲徳栄(8月10日の第1試合)>大分商の投打の柱は主将の川瀬です。兄は、OBでソフトバンクの川瀬晃です。

32日前に配信

<8月11日の第3試合 明豊-県岐阜商>県岐阜商・佐々木泰主将は「ウエートトレーニングに力を入れている」と話します。

32日前に配信

交流試合の対戦カードと日程が決まりました。開幕試合は大分商と花咲徳栄(埼玉)の顔合わせに決まりました。8月10日に開幕します。

32日前に配信

組み合わせ抽選会は、各校の主将とオンラインでつないで行われました。

「センバツLIVE!」で中継された組み合わせ抽選会=2020年7月8日

32日前に配信

全ての対戦カードと日程が決まりました。星稜vs履正社は8月15日の第1試合(午前10時)、大阪桐蔭vs東海大相模は8月17日の第1試合(午前10時)です。

【スケジュールはこちら】

32日前に配信

8月15日の第1試合に対戦する大阪桐蔭と東海大相模。互いの印象について、大阪桐蔭の主将は「打力が高いチーム」、東海大相模の主将は「総合力のある素晴らしいチーム」と語りました。

32日前に配信

最終試合となる、8月17日の第3試合(午後3時20分)は、白樺学園と山梨学院の対戦に。

32日前に配信

8月10日の第1試合(午前10時)からの開幕カードは、大分商と花咲徳栄の対戦です。

32日前に配信

大阪桐蔭と東海大相模の対戦は、8月17日の第1試合(午前10時)に決まりました。

32日前に配信

履正社と星稜の対戦は8月15日の第1試合(午前10時)に決まりました。

32日前に配信

<プレーバック>履正社は令和初の夏の王者に

32日前に配信

履正社と星稜は昨夏の決勝の再戦。互いの印象について、履正社の主将は「投打ともにレベルが高い」と述べ、星稜の主将は「投手力がとても高い」と話し、「昨年の夏の借りを返すことを胸に全員で頑張る」と誓いました

32日前に配信

各校の主将からは交流試合への出場できることへの感謝の言葉が続きました。また、「徐々にモチベーションが上がってきている」との近況報告もありました。

32日前に配信

交流試合の対戦カードがすべて決定しました。一覧はこちらから。

32日前に配信

明徳義塾(高知)と鳥取城北(鳥取)の対戦が決まりました。お互いの印象を聞かれ、明徳義塾の主将は「バッティングのいいチーム」、鳥取城北の主将は「投打にレベルの高いチーム」と答えました。

32日前に配信

16試合のカードが全て決定しました。日程はこの後決まります。

32日前に配信

大阪桐蔭(大阪)と東海大相模(神奈川)の対戦が決まりました。

32日前に配信

磐城(福島)と国士舘(東京)の対戦が決まりました。

32日前に配信

仙台育英(宮城)と倉敷商(岡山)の対戦が決まりました。

32日前に配信

鶴岡東(山形)と日本航空石川(石川)の対戦が決まりました。

32日前に配信

白樺学園(北海道)と山梨学院(山梨)の対戦が決まりました。

32日前に配信

帯広農(北海道)と健大高崎(群馬)の対戦が決まりました。

32日前に配信

明石商(兵庫)と桐生第一(群馬)の対戦が決まりました。

32日前に配信

智弁和歌山(和歌山)と尽誠学園(香川)の対戦が決まりました。

32日前に配信

履正社(大阪)と星稜(石川)の対戦が決まりました。昨年の夏決勝の再戦となりました。

32日前に配信

後半日程グループの抽選が始まりました。

32日前に配信

智弁学園(奈良)と中京大中京(愛知)の対戦が決まりました。 明豊(大分)と県岐阜商(岐阜)の対戦が決まりました。

32日前に配信

智弁学園(奈良)と中京大中京(愛知)の対戦が決まりました。

32日前に配信

大分商(大分)と花咲徳栄(埼玉)の対戦が決まりました。

32日前に配信

天理(奈良)と広島新庄(広島)の対戦が決まりました。 明徳義塾(高知)と鳥取城北(鳥取)の対戦が決まりました。

32日前に配信

創成館(長崎)と平田(島根)の対戦が決まりました。

32日前に配信

鹿児島城西(鹿児島)と加藤学園(静岡)の対戦が決まりました。

32日前に配信

抽選トップバッターは、平田(島根)です。

32日前に配信

2グループに分かれて、各校が抽選札を引きます。

32日前に配信

組み合わせ抽選会が行われています。出場32校の主将をオンラインでつないで実施しています。

32日前に配信

組み合わせ抽選会が始まりました。

32日前に配信

<奈良・智弁学園>2016年春に春夏通じて初の全国制覇を果たしました。

32日前に配信

このあと午後5時から組み合わせ抽選会が行われます。抽選は、独自大会の日程を考慮し、同一地区の対戦も避けます。

32日前に配信

<奈良・天理>OBに元南海の門田博光さん、ロッテ・中村奨吾選手らがいます。

32日前に配信

<大阪桐蔭>史上初となる2度の春夏連覇を含めて春3回、夏5回の優勝を誇ります。

32日前に配信

<和歌山・智弁和歌山>名将・高嶋仁名誉監督の後を継いだ中谷仁監督は、97年夏に優勝した時のチームで主将を務めました。

32日前に配信

<石川・星稜>19年夏の準優勝に貢献したメンバーに、奥川恭伸投手(ヤクルト)、山瀬慎之助選手(巨人)がいます。

32日前に配信

<岐阜・県岐阜商>1月に亡くなったプロ野球・中日の高木守道さんも卒業生です。

32日前に配信

<埼玉・花咲徳栄>系列校には埼玉栄や平成国際大学などがあります。

32日前に配信

<群馬・桐生第一>OBにはオリックスの小島脩平選手、巨人の藤岡貴裕選手らがいます。

32日前に配信

<福島・磐城>1896年創立の県立校で、2000年までは男子校でした。

32日前に配信

<宮城・仙台育英>野球部の練習場「真勝園」は多賀城にあります。

32日前に配信

<神奈川・東海大相模>甲子園には春夏通算21回出場し、4度の全国制覇を誇ります。柔道部は五輪金メダリストの山下泰裕さんや井上康生さんを輩出しています。

32日前に配信

<静岡・加藤学園>1977年から現在の名称となり、「カトガク」と親しまれています。

32日前に配信

<兵庫・明石商>センバツは初出場の2016年に8強、19年に4強入り。夏の甲子園は18年に初出場し、19年は4強まで勝ち上がるなど、目覚ましい躍進をみせています。

32日前に配信

明石商の最速151キロのエース・中森俊介投手は6月27日に行われた、須磨翔風(兵庫)との練習試合に登板しました。高校最後の夏を異例の形で迎え、今後についての心境も吐露しました。

32日前に配信

<鳥取・鳥取城北>相撲部は全国大会の上位常連で、幕内力士の石浦は石浦外喜義校長の長男です。

32日前に配信

<大分・明豊>校歌は歌手の南こうせつさん作曲です。

32日前に配信

<大分商>文化部の活動も盛んで、吹奏楽部は17年度大分県教育奨励賞を受賞しています。

32日前に配信

記録的な大雨となった大分県からは、大分商と明豊の2校が出場します。交流試合が決定した6月10日には、「甲子園で、3年間の高校野球を終えられるのはうれしい」と喜びの声が上がりました。

32日前に配信

<プレーバック>「信じていれば奇跡が起きる」。落胆する球児たちを見守ってきた地元・十勝も吉報に沸きました。

32日前に配信

<北海道・白樺学園>スピードスケートやアイスホッケー、男子バレーボールなども全国大会の常連です。

32日前に配信

<愛知・中京大中京>甲子園では春夏通算133勝を挙げ、優勝は全国最多の11回を誇ります。卒業生には、フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリスト・宇野昌磨選手らがいます。

32日前に配信

<山梨学院>野球だけでなく、他の運動部も強豪が多いですが、直木賞作家の辻村深月さんも卒業生です。

32日前に配信

山梨学院の㓛刀(くぬぎ)史也主将らが山梨県庁を訪れ、交流試合に向け「感謝の気持ちをもってプレーしたい」と抱負を述べました。

32日前に配信

<鹿児島・鹿児島城西>普通、ホテル観光、進学体育など9科6コースがあります。

32日前に配信

19年夏の甲子園優勝校、履正社の関本勇輔主将と岡田龍生監督が豊中市役所を訪れ、試合への意気込みなどを語りました。

32日前に配信

<高知・明徳義塾>教職員が学園内で生徒とともに生活する「師弟同行の教育」が特色です。

32日前に配信

<香川・尽誠学園>夏の甲子園には11回出場し、2度の4強入りを果たしています。

32日前に配信

<島根・平田>陸上競技部や柔道部は全国大会の常連です。

32日前に配信

<大阪・履正社>センバツでは2回準優勝、19年夏の甲子園では全国制覇を成し遂げました。

32日前に配信

<石川・日本航空石川>全国でも珍しい空港に隣接する高校です。

32日前に配信

<東京・国士舘>「防災教育」も重要としており、災害時の対応について実践的に学ぶ授業が行われています。

32日前に配信

<群馬・健大高崎>2011年夏に甲子園初出場。翌12年のセンバツでは4強入りしました。

32日前に配信

<山形・鶴岡東>「全員野球の真髄ここにあり」をモットーとしています。

32日前に配信

<北海道・帯広農>卒業生には、「鋼の錬金術師」や「銀の匙 Silver Spoon」などで知られる漫画家の荒川弘さんらがいます。

32日前に配信

<プレーバック>多くの飲食店が苦境に立たされた4月。大の高校野球ファンである居酒屋のオーナーが、中止となったセンバツ大会の球児たちへのエールを募ったところ、320通以上の励ましメッセージが届きました。

33日前に配信

<プレーバック>県岐阜商の鍛治舎巧監督は、部員たちに「甲子園を目指した仲間が全国に14万人いることを忘れず、彼らの分まで燃え尽きて灰になるつもりで戦って」と呼びかけました。

33日前に配信

<プレーバック>1992年8月16日は高校球史に刻まれた記憶。「松井の5連続敬遠」。星稜と明徳義塾の両監督が「あの時」を振り返ります。

33日前に配信

<プレーバック>やり投げで東京パラリンピック出場を目指す鳥取城北OBの政成晴輝(まさなり・はるき)さん(22)は、「交流試合の1試合をやり通してほしい」と後輩たちを激励しました。

33日前に配信

<プレーバック>「夢の甲子園で力以上のものを出し切って人生の記憶の一ページを残すため全力で挑みたい」。磐城のエース・沖政宗投手は交流試合決定時にこう語りました。

33日前に配信

センバツ優勝旗の返還式が3カ月遅れで行われました。

33日前に配信

甲子園交流試合(8月10日開幕)の組み合わせ抽選会が8日午後5時から行われます。こちらのページで速報します。出場校の最新情報も随時更新します。

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです