「精いっぱい頑張る」 柏崎市長表敬 新潟産大付が抱負 /新潟

毎日新聞

桜井市長(左端)と歓談する新潟産大付のメンバーら=柏崎市役所で

 1日の女子第32回県高校駅伝競走大会(県高体連など主催、毎日新聞社など後援)で優勝し、2年連続2回目の都大路への切符を手にした新潟産業大学付属高校(柏崎市安田)陸上部のメンバーらが21日、柏崎市役所を訪れ、桜井雅浩市長に都大路への抱負を語った。全国大会は12月24日に京都市で開かれる。

 長部果穂主将(3年)は「県大会では笑顔でたすきを渡し、最高の走りができた。都大路に向け、残りの期間も精いっぱい頑張りたい」と意気込んだ。田中裕也監督も「2年連続の優勝を目指し、今まで以上にきつい練習に1年間耐えてくれた。全国大会では果敢に挑戦したい」と述べた。桜井市長は「駅伝はチームスポーツ。みんなが一体となり良い記録が出せるよう、柏崎や県の代表として頑張ってほしい」と激励した。【井口彩】