益田清風 男子2位、女子は10位 監督・主将の話 /岐阜

毎日新聞

悔しさと達成感 益田清風・切手豪海主将

 (6区走者が)1位でたすきをつないでくれて優勝を狙っていたが、悔しい気持ちが強い。それでも最後の駅伝だったので達成感もあった。女子が全国大会でベストが出せるように支えていきたい。

全国大会、最善を 益田清風・塚中一成監督

 全国大会につなげるという気持ちで臨んだ。堂々とやろうと選手たちには話したが、今大会でも堂々とやってくれた。全国大会で最善を尽くせるよう一日一日を大事にしていきたい。

力不足を実感 益田清風・細江美玖主将

 全国大会につなげることを目的に臨み、目標の10位入賞ができたが、今大会でも自分たちの力がまだ足りていないと実感できた。残り1カ月の全国大会に向けて強くなれるきっかけになった。