男子・鳥取城北が6位 女子・八頭は9位 /鳥取

毎日新聞

鳥取県勢男子トップでフィニッシュする鳥取城北の藤原拓海選手=鳥取県境港市の市営竜ヶ山陸上競技場で、李英浩撮影
鳥取県勢女子1位でフィニッシュする八頭の杉村和香選手=鳥取県境港市の市営竜ケ山陸上競技場で、阿部絢美撮影

 男子第59回、女子第31回中国高校駅伝競走大会(中国高体連、中国陸協など主催、毎日新聞鳥取支局など後援)が26日、境港市の市営竜ケ山陸上競技場を発着点とするサカイマリンマラソンコースで開かれた。男子は倉敷(岡山)が2時間6分5秒で2年連続13回目、女子は興譲館(同)が1時間9分44秒で15年連続16回目の優勝を果たした。

 12月24日に京都市で開かれる全国大会に出場する5県の代表チームを含む男女計66校が参加(女子の米子東と島根・平田は棄権)。雨の降る中、全てのチームが完走した。

 男子の倉敷は、7人中5人が区間賞の走りを見せて他校を圧倒。2区までトップだった西京(山口)も優位を保ち、世羅(広島)は後半の猛追で食らいついた。女子の興譲館は2区でトップに立つと、そのままフィニッシュ。世羅や倉敷も安定した走りを見せた。

 岡山以外の各県勢トップは、男子が西京(2位)=2時間9分20秒▽世羅(3位)=2時間10分54秒▽鳥取城北(6位)=2時間11分56秒▽島根・出雲工(9位)=2時間12分42秒。女子が世羅(2位)=1時間10分51秒▽山口・中村女子(4位)=1時間12分40秒▽八頭(9位)=1時間14分7秒▽島根・益田東(17位)=1時間18分26秒。【阿部絢美、李英浩】………………………………………………………………………………………………………

 ■男女区間賞

 【男子】1区(10キロ)中村優吾(西京)30分32秒▽2区(3キロ)仲山大輝(西京)8分44秒▽3区(8・1075キロ)フィレモン・キプラガット(倉敷)23分11秒▽4区(8・0875キロ)若林陽大(倉敷)24分27秒▽5区(3キロ)井田春(倉敷)9分6秒▽6区(5キロ)円健介(倉敷)14分43秒▽7区(5キロ)合田椋(倉敷)15分4秒

 【女子】1区(6キロ)金光由樹(岡山操山)19分33秒▽2区(4・0975キロ)青木未晴(興譲館)13分10秒▽3区(3キロ)石尾木乃美(西京)9分52秒▽4区(3キロ)的〓麻歩(興譲館)9分39秒▽5区(5キロ)金丸芽生(興譲館)16分38秒


 ■上位8校の成績

【男子】(2時間台は省略)

(1)倉敷(岡山)    6分 5秒

(2)西京(山口)    9分20秒

(3)世羅(広島)   10分54秒

(4)西条農(広島)  11分 7秒

(5)豊浦(山口)   11分47秒

(6)鳥取城北(鳥取) 11分56秒

(7)美祢青嶺(山口) 12分25秒

(8)八頭(鳥取)   12分39秒

【女子】 (1時間台は省略)

(1)興譲館(岡山)   9分44秒

(2)世羅(広島)   10分51秒

(3)倉敷(岡山)   12分30秒

(4)中村女子(山口) 12分40秒

(5)玉野光南(岡山) 13分12秒

(6)沼田(広島)   13分13秒

(7)西京(山口)   13分22秒

(8)西条農(広島)  13分37秒